top of page

この服は家で洗えますか?って聞いてくれたら具体的な方法もお教え致します 汗染み 夏服



ノースリーブのブラウスの脇の下の汗染みです。


誰が着用なさっても同じような状態になると思います。



Before&after的には差がないので動画的にNGの事例ですが・・


お知らせしたかったのは洗濯絵表示です。


昨日紹介したノースリーブは家で洗える表記でした。


でも・・


実際に私が水洗い(プロのウェットクリーニング)をした感じでは・・


これを家で水洗いしたらしわくちゃになると思いました。


ドライクリーニングはNGの表記ですが、素材的には問題ないと判断出来たし・・


ドライクリーニングした方がシワにならない。


つまり、仕上げは楽だと思いました。


是非昨日の動画も観てください。



今日ご紹介のノースリーブは真逆です。


洗濯絵表示的にはドライOKで水洗いNG


これも実際に私が水洗い(プロのウェットクリーニング)をした感じでは・・


これは家でで洗えますよ。


心配ならオシャレ着洗い用の中性洗剤を使ってください。


洗濯機の機械力は最小限で洗浄上時間も短時間(5分以内)


水温は常温でいいですが加温するとしても40℃以下


もっと心配なら機械力をかけずに手洗いをしてください。


小さい服だからお風呂に入るついででもいいですね。


昨日の事例のレーヨンと違って水で洗っても大丈夫な化学繊維です。


シワになりにくいです。


ただ脱水は短時間が良いですね。


心配であれば全く脱水しないでタオルで水分を取ってあげてそのまま干してもいいですよ。


洗いじわを取る目的で短時間(5分ぐらい)でいいので乾燥機入れるのもアリです。


それが面倒なら乾燥機なしでそのまま干しても大丈夫です。


乾燥してそのまま着る事が出来ると思いますが・・


気になるならスチーマーでもあててあげればより綺麗になります。


この服の場合、着用したその日に洗うなら汗染みは楽勝です。


ただ・・


一回着たら洗うって事が嫌な方もいます。


数日後にまた着たいとか・・


一点だけ手洗いするのが面倒とか・・


汗や皮脂が付いて放置してしまいますと・・


簡単に取れるはずのシミや汚れが酸化して取れなくなってしまいます。


このブラウスは動画でBeforeの色の段差がわからない人がいてもおかしくないぐらい薄い色の段差な訳です。


この素材でなかったら・・


別の服なら・・


全く見えないかもしれません。


そうなんです。


汗染みは忍者染みなんて言いまして・・


付いてても見えないんですよ。


見えないって事は付いてない。


綺麗だ。


って思いますよね。


しかし・・


次第に酸化して黄ばんでしまって見えるシミになってしまうから厄介です。


夏服は「まとめ洗い」より「こまめ洗い」してください。



留言


bottom of page