ご家庭での染み抜きのフォロー シミが取れないだけでなく余計な染みまで出来てしまう例



シミが取れるかどうかは別として・・


家で自分で染み抜きしてもOKかどうかの判断基準。


水洗い(丸洗い)が家庭で出来る服ならOKです。


ダメならNGです。


しかし


実際のお客様の行動は感情によって変化します。


家庭で洗えない服でも


シミが極めて小さい場合


とか


その服を凄く大事には思っていない。


とか


ダメならダメでもいいわ。


クリーニングに出すほどでもないわ。


でも


自分で染み抜きして綺麗になったら


ラッキー


って感じ。


でも実際にやってみて、ダメな場合。


即「廃棄」なんて事にはなりません。


そもそも、廃棄を選択できるのであれば・・


最初から染み抜きなんかしないで捨てています。


やっぱ


きれいな状態でまた着たい


って思ってるんですよ。


部分的に濡らして


部分的に洗剤をつけて


部分的に濯いで


部分的に乾燥


丸洗い出来ないのであればそうなります。


すると


今日の事例の様に


小さいシミを取ろうとして大きな輪染みが出来てしまいます。


部分的に染み抜きをしたら


速攻で丸洗いしちゃえばいいんです。


でもそれが出来ない。


だってウールのブレザーだもん。


じゃ


自分で部分染み抜きはしない方がいいんですよ。


家庭での染み抜きは


前処理をお考えください。


前処理の部分染み抜きだけでシミを取ろうと思わず・・


丸洗いとの合わせ技で一本を取りに行きましょう。


前処理でシミを落としやすくしてから


洗濯機の機械力をかけて丸洗いしてあげれば綺麗になる可能性もグンもあがります。


今度からそうする


って思ったとしても


多分、またやってしまうんじゃないかなぁ


その際にはまたご相談下さい。


何度でもフォローいたします。