top of page

しみ抜きで最も大事なのは説明じゃなくて結果です。結果で魅せる!綿のセーターの変色染み、見事に蘇るシミ抜き技術



洋服に覚えのないシミを発見したらガッカリですよ。


襟や脇や袖にある黄ばみや黒ずみなら


汗や皮脂といった自分の身体から付いたものだと思いますよね。


でもそれ以外のところで服の前側であれば、飲食に伴うシミではないかと思いますよね。


油染みなら濡れた様な濃い色のシミになるのを知ってるから、これは油染みじゃない。


珈琲とか醤油とかソースとか


それが服に付くとこんな色のシミになるって知ってる物で予測変換しますよね。


シミの原因が予測出来たら早速検索。


なるほど!


珈琲のシミはこうすればいいのね。


家で水洗い出来る服なので、染み抜きにトライして頂く事はおおいに結構だと思います。


シミが取れたら


やっぱ珈琲のシミだったんだ。


って思うでしょう。


実際は珈琲が原因じゃなかったとしても・・そんなのどうだっていいんです。


だって染み抜きに成功したんだから。


そうなんです。


成功さえすれば、何だっていいんです。


シミの原因の特定が出来た方がいいけど、出来ない場合もおおいにありますよ。


予測はしたけどその判断が間違ってる場合もおおいにありますよ。


だけど・・


自分がやった作業で結果が出たのならそれでOKです。


医師に検査結果の説明を受けた事がありますし、病状や怪我の状態の説明を受けた事もあります。


医師は患者にわかりやすく説明をしてくれてるつもりでしょう。


医師にとっては知ってるワードばかりでしょう。


でも医師じゃない人にはちんぷんかんぷん。って事ありません?


何言ってるかわからないけど・・大事なのはそこじゃない。


検査の結果が良好ならそれでいいんです。


病気や怪我が治るならそれでいいんです。


専門用語を専門だと思わずにあなたも当たり前に知ってるでしょ?


って感じで話をする。


読み書き計算といった基本的な教育は受けてるし、同じ日本語を使ってるので会話は出来ますよ。


でも、学校で習ってないし、普通に生活していて使わない言葉はわからなくて当然ですよ。


家で何をやっても取れない染み


全く薄くもならず変化しない染み


もう万策尽きてからの染み抜きのご依頼も多いです。


仮にシミの原因は珈琲だとしましょう。


でも、付いたばかりじゃないと思うのです。


もう酸化して変色してしまっていますもの。


変色したシミは大体こんな色しています。


あ!


酸化って言ったね。


オフ会に参加しますの参加じゃないですよ。


あ!


オフ会って言ったね。


オフ会ってなに?って人もきっといますよ。


染み抜きのお問い合わせにどう返信するか・・


これはある意味染み抜きの実作業より大事ですね。


染み取れますか?


取れます。


いくらですか?


○○円です。


どのくらい時間かかりますか?


○○日です。


じゃお願いします。


だけならとてもシンプルでわかりやすい。


お客様はそれを望んでいるのに・・


素材がとか


色がとか


リスクとか


面倒な説明が増えてしまいます。


よく詳しく説明したくなって専門用語も増えてしまいます。


結果さえ良ければそれでいいのにね・・


家で洗っても染み抜きしても落ちない染みも諦めずにご相談下さい。


動画と同じように綺麗になる可能性がおおいにありますよ。

 

Comments


bottom of page