アークテリクス ゴアテックス シェルジャケット ファンデーションの汚れ 全体の汚れ



アウトドアブランドのお洋服の色目。


切り返しの配色。


派手なお色が多いです。


赤や青や黄や緑


どれもくすんだ感じとは真逆で発色性が良いものですね。


その目立つお色は大自然の中ではとても映えます。


そんなお色よりも・・・


アウトドアで快適に過ごす(遊ぶ)際に必要な機能性の高さは凄く魅力的なので・・


非日常の環境下だけでなく、普段から着たい。


つまりタウンユースもしたい。


そういった方は大勢います。


街中でしか着られない服と街中でも着られる服。


なんとなく、後者の方が賢い感じもします。


いやいや


そういった「ついで」じゃなくて


そもそも


タウンユースがしたくて買いました。


100%街中で着ます。


って方も多いですね。


スキーウェアって独特の配色とデザインなので上下スキーウェアを着ていて、市街地のコンビニはちょっと気恥ずかしいです。


スキー場近くのコンビニならOKですけど・・・


高額なスキーウェアをスキー場だけでしか着られないのはもったいない。


だったら


アウトドアブランドのウェアを買って、スキーやスノボでも使えないか?


って考える人も大勢います。


山形の蔵王スキー場で意識して服を見てるとアウトドアブランド着てる人がめちゃくちゃ多いです。


スキー人口が今では考えられない程多い時代。


リフトは待って乗るのが当たり前の時代はアウトドアブランド着てる人なんかいませんでしたよ。


とにかく、アウトドアブランドの高機能な服ってのは、いろいろな場面で使える様になりました。


そして、街中で着ても違和感なくかっこいい。


スキー場で着てたアウトドアブランドのジャケットなら、青や緑や黄色の派手な配色でも街中のコンビニ行くのが恥ずかしくはないですもの。


そもそも、派手な色を選ばない!って人も多いですね。


黒や濃いグレーやネイビー


同色系の止水ジップが良いアクセントです。


脇下のベンチレーションなんか使わなくても、あるだけでかっこいい。


バックパックのウエストベルトをしても使いやすい様に高い位置にあるポケットもかっこいい。


大きなフードなので立ちもよくてかっこいい。


しかも、透湿性、防水性、防風性もばっちり。


薄手だけど暖かい。


薄手だから軽くて気心地が良い。


生地感は独特だけど、それもまた好き。


流行りのSUVやワイルドな4WDなんかに乗ってる人にはよく似あいます。


ただ・・


お高いですよ。


強度も備わったハードシェルジャケットで透湿性を高めてあるゴアテックスプロを使用とかで、海外のアウトドアブランドであれば・・


10万超えは当たり前になってきます。


興味のない人にはけして10万には見えないですよね。


良心的な価格で人気の国産ブランド「モンベル」だって、アルパイン仕様であればけしてお安くはありません。


今日、ご紹介のアークテリスクなんてめちゃくちゃかっこいいですし、男女ともに人気です。


めちゃくちゃ機能性が高くていい服です。


だからこそ、長く良い状態で着たいですよね。


大事なのがメンテナンスです。


ゴアテックスはどんなメンテナンスをしていたかで寿命がめちゃくちゃ変わります。


自分で洗うの怖いな。


ってかたはお気軽にご相談ください。


 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.