top of page

ウールのコーディガン コーヒーの染み抜き成功事例




珈琲のシミが厄介なわけではありません。


珈琲をこぼしてしまった時に着ていた服のメンテナンス性(素材)が厄介です。


水洗いOKのアイテムであればよかったのですが・・


ドライクリーニング指定で水洗いNGの服に大量のコーヒーをこぼしてしまったら・・


  1. 諦めて捨てる

  2. ダメもとで洗ってみる

  3. 珈琲の染み抜きを調べて自分で染み抜きをする

  4. 近所のクリーニングチェーン店に出す

  5. 染み抜きの実績のあるクリーニング店に出す

最初に1を選択なさった方以外は2以降は一択ではなく、複数って方も多いのではないでしょうか。


1が最後って場合もあるかもしれません。


4までさんざんやってダメだったので捨てる。


もしくは5までいったけどコスパが悪くて捨てる。


とか


誰だって無駄な時間もお金も使いたくないですよね。


だからといって、真っ先に1を選択してって事ではありません。


不思議なもので・・・


大事にしてる服にこぼしてしまう。


何とか綺麗にしたいって思いますよね。


まずはお洗濯絵表示をチェック。


それが家で洗える(水洗いOK)アイテムであれば・・・


これをお試しください。









しかし


冒頭に記載したように・・


水洗いNGのアイテムに付いてしまったら・・・


もう家庭でやる事は早々に諦めて、プロに頼んで下さい。


家庭で出来る方法と酷似した内容で綺麗にしますが・・・


何が違うかと言うと、水洗いしても望ましくない変化を生じさせないって事です。


そりゃそうです。


シミは綺麗になったけど、縮んで着られない


なんて事になったら本末転倒です。


色も質感もサイズも風合いも


全部キープしてシミだけを抜く。


プロの技術にお任せくださいませ。

コメント


bottom of page