カバンのレザーからの色移り アクアスキュータムトレンチ



Amazonでは何でも買うことが出来るんですが・・


Amazon以外にも複数のショップを利用しています。


例えば・・・僕の場合。


モノタロウ


とか


サウンドハウス


とか


フォレストウェイ


とか


スレトアエキスプス


とか


Amazonは何でも売っていますが・・


特定のジャンル専門のお店の良さも知っていて使い分けています。


サイトの見やすさ(探しやすさ)


買い物のしやすさ(買い物かごに入れてから注文まで)


届く速さ


アフターフォロー(キャンセルや返品)


問い合わせの返信の速さや


等の差がどんどん小さくなっていて、どこで買っても安心で快適になってきました。


ヤフーや楽天のショッピングサイトに出店してるお店から買う場合も・・


お店の名前より先に


ヤフーで見つけて買った!


みたいな言い方になりますね。


価格.com


は比較サイトとして機能していて、価格ドットコムで買った!


なんて言わなくて見つけたって言い方になります。


そんなに便利だったら・・・


もう実店舗は不要なのかと言えば不要だなんて思っていません。


ただ確実に買う頻度は減っています。


買うものは同じかもしくは増えている。


でもお店で買う事が減る。


この流れはもう止まらないでしょう。


だからお店もネットで売ることを考えないといけないですね。


物を売るビジネスの場合。


値段の比較がとてもわかりやすいです。


僕が使い分けてる上記サイトは専門ショップならでは品揃えだけでなく価格も安いです。


でも自分の仕事はどうでしょう?


真逆だと思うのです。


お客様の立場になればなるほど・・・


クリーニング加工サービスの代金って極めてわかりにくいですもの。


服を買った時の値段はお客様しか知りません。


どの位長い事着てるかは服を見れば伺い知れますが・・


どの位気に入ってるかは知る由もありません。


買った値段やお気に入りの度合いを基準に染み抜きを含むクリーニング加工料金のコスパを考えることでしょう。


綺麗にしてほしいけど、支払い可能な額はお客様一人一人異なります。


定額制のクリーニング加工サービスに慣れてしまってると、


「コートはいくらですか?」


って聞きたくなります。


「アクアスキュータムのトレンチはいくらですか?」


「YouTubeに投稿してるあのコートはいくらでしたか?」


お気持ちはよくわかります。


送る前にいくらかわからないなんてハードルが高すぎますよね。


何かいい方法がないのか?


っていつも思うのですが・・・


やっぱり、同じような事例でも代金には幅がございます。


当店のお見積りの基準は作業時間です。


作業内容を決めるにはお預かりしないと難しいです。


ありがたい事に毎日たくさんのお問い合わせを寄せて頂いていますが、お預かりしないで金額を提示したことはありません。


これまでの事例として大まかな金額をお知らせすることはあります。


でもお預かりしてみたら


もっと高かったなんてこともあります。


安い場合は問題ないでしょうが高い場合は「え!」ってなって引きますよね。


シミ抜きは成功報酬制ですから


確実に結果を出すために必要な手間は惜しみません。


手間をかけるからこその結果です。


綺麗にしたい気持ちと得したい気持ちのせめぎあいになって悩むお客様もいらっしゃいますが・・


事例を見て頂いて同じようにしてほしいって思ったら・・


まずはご相談してみてください。






 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.