キャップのクリーニング ツバの汗染みや全体の黒ずみや黄ばみ




マスクをするのが当たり前になっていますので・・


もう顔の半分は隠れています。


それに帽子をかぶって眼鏡やサングラスをかければ・・


自分のiPhoneですら認証してくれなくてロックが解除出来ない!


そうなってしまうと、もう「顔ばれ」しないかもしれません。


夏の日差しが強い時なんかは、まるで「有名人」のプライベートの外出の様になりますよね。


実際に私も帽子にサングラスにマスク姿で「○○さん、こんにちは」と偶然お会いしたお客様にお声をかけたら・・


「どちらさまでした?」


と言われました。


お客様も眼鏡(サングラス)はかけてませんでしたが、帽子にマスク姿。


私はすぐ誰かわかったんですけどね。


私は1年前からバイクに乗るようになり・・


キャップを3つ買いました。


それまでハンチングを一個とニット帽(ビーニー)しか持ってませんでした。


ヘルメットを取った時。


乱れまくった薄毛を隠すのにキャップはとても便利です。


夏用の半分メッシュの帽子の出番が最も多かったです。


キャップに限らず・・


洗えるかどうか


は職業柄、瞬時に判断可能です。


洗濯絵表示を確認しなくても、ほぼ外しません。


多分、同業の方なら「うんうん」と頷いてるはずです。


それと・・


洗ったら悪くなる


なるべく洗わない方がいい


と言った考えが全くありません。


もう少しでも使ったら洗ってしまいます。


オートバイのヘルメットの中のインナーキャップですらそうですよ。


実際に目で見て汚れやシミを確認出来てから


とか


ニオイがしてきたから


とか


そういう頻度ではないんです。


着たら(使ったら)


の頻度です。


私の頻度は極端な例かもしれませんが・・


汚れが酷くないうちに洗うなら・・


洗浄力を制限しても十分きれいで清潔な状態にリセット出来ます。


その内容で洗うのであれば・・


洗濯で傷むなんて事もないんですよ。


でも大抵の方は違います。


出来るだけ洗う事を避けようとします。


目で確認


鼻で確認


心配なら除菌消臭スプレー


そんな感じで洗う事なく、長く頻繁に使うとか


使ってから長い間放置するとか


しばらく着ないかも


って時はもう洗った方がいいんですけどね。


でもまぁ


いつ洗うかなんてのはお客様の判断で自由です。


私はお預かりの状態にあわせた作業をさせて頂くだけです。


今日の事例で言えば・・


シミや汚れやニオイは完全にリセットできました。


でも


地色の変色はもう染色でしか直せないです。


色が変化したら染色補正する


のではなく


色が変化しないようにメンテナンスする方がずっと長く良い状態を保てるんですよ。


さぁ、今かぶってる帽子をチェックしてみてください。


ニューエラが最も入荷が多いですが、他のブランドも是非きれいにさせてくださいませ。