クリーニングに出しても取れなかったシミ ラコステのポロシャツ 染み抜き成功事例



ラコステはポロシャツでは超有名ですよね。


って言うと


私と同年代の人であれば


うんうん


ってなりますが・・・


10代20代の若い方は


???


ってなるかもしれません。


ワニのワンポイント刺繍はラコステって瞬時にわかっても


THRASHER


ってプリントしてあるTシャツを見て


なんて書いてある?


読めんわ。


ってなる。


でも10代20代の若い方なら知らない(読めない)人は居ないと思います。


スケーターブランドで超有名なスラッシャーです。


ブランド名なんてのは見たことあるけど、読めないって多いですもんね。


日本のアウトドアブランドでは最大手である


mont-bell


これだって実は読めない方も多いみたいです。


モンベルですね。


ぶっちゃけ、そんなの読めたからと言ってなんの意味もないですしどうだっていいんですが・・


実際に買って着る人にとって「ブランド」は意識してる人多いと思います。


特に何らかのブランド名やロゴや刺繍なんかで、着用時にブランドがわかる服を着てる人はその傾向が強いのではないでしょうか。


支持される年齢層によっても、人気のブランドは異なります。


別に10台でラコステやモンベルを着てもいいし・・・


50代でSTUSSY(ステューシー)やスラッシャーを着ても全然いいんですよ。


ただ、似合うかどうかって事で言えば・・


見慣れててない分の違和感はあるかもしれません。


気持ちだけはがんがん前のめり。


時間だってたっぷりある。


でもお金がない。


自分も若いときはそうでした。


でも50代になって、お金は若いときと比べれば少し余裕があるようにはなりました。


問題は気持ちです。


時間は気持ち次第で何とでもなりますよ。


一番大事なものはお金じゃなくて時間だよ。


って言う人も居れば・・・


時間はお金と同じぐらい大事って言う人も居れば・・


どっちも気持ち次第で何とでもなるから、気持ちが一番大事。


って方も居ます。


夏になると半袖のラコステのポロシャツを20代からずっと着ていて・・


あっという間に50代になりました。


体型も変化し、体力も視力も衰えを感じます。


若い時は何を着ていても爽やかな感じで着こなせていたのに・・・


なんて嘆いても時間は元には戻りません。


だからこそ・・・


大人(パパって感じではなく、お父さんもしくはおじさん)が着る服にはシミや汚れがあってはダメだな。


って思うのであれば・・・


染み抜きを依頼するクリーニング店のセレクトを上手にして頂きたいと思います。


結果が伴わないでのあれば・・・


大事な時間とお金の無駄です。


結果が伴うのであれば、高く感じた染み抜き代も結果的に高くなくなります。


ラコステを着てるおじさんと呼ばれる年代のお客様。


私もすっかりおじさんですが、染み抜きの腕はまだまだ衰えてません。


むしろ、経験を積んで上達していってると思います。


是非ご相談下さい。


YouTubeの方ですか?


ご本人様ですか?


最近、そんな風に言ってくれる方が多くて・・・


もうそれだけでニタニタになります。


チャンネル登録と高評価お願いします


だなんて、ユーチューバーがよく言うセリフは全く言わないですし、チャンネル登録者数も少ないなら、再生回数なんかも目も当てられない程低いです。


それでも、お問い合わせさえあれば私はいいのです。


その他のSNSと同じようにタイムライン式で古いものはどんどん埋もれていくわけですが・・


蓄積型としては、ブログとYouTubeが最強だと確信しています。


洋服のトラブルで困ってる人にいつか必ず僕の発信が届く。


そう思ってやってますので、是非お気軽にご相談下さいませ。




 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.