クリーニング済みのセーターの染みを部分的に染み抜き




染み抜きをしてもそのシミが取れない理由として


シミも変化するけど、その他も変化してしまう


ってことがあります。


よく


染み抜きを試みたけど


これ以上やると生地を傷めるとか


そういった内容の説明文が記されたタグが付いていたことはありませんか?


「落ちませんでした」


事をお知らせするお客様にとってはガッカリの内容です。


確かに・・


うわ~こんな風になるなら何もしない方がよかった!


なんてことになってしまうとダメですよね。


染み抜きは


色や質感や風合い等


お預かりの状態を全部保ってシミだけを取ることを言いますので・・・


望ましくない変化が生じてしまうことが避けられないのであれば・・


それは染み抜きが出来ないってことになります。


そんな理由で染み抜きが無理なのか・・・


それとも


そもそも染み抜きの作業をしないから出来ないのか・・・


しないってのは染み抜きの代金を頂かないのであればしない


ってパターンと


支払ったとしても作業報酬制でノーリスクで出来る範囲内でしかしない


ってパターンと


前者は家庭洗濯によるあるパターンで丸洗いはするけど染み抜きなんてしない。


取れたらラッキー


でも取れないなら仕方ないね。


これは最も楽で手間もかかりません。


クリーニング店もそれは同じです。


だから安く出来る代わりにシミは取れない。


前もって染み抜きをしないことを言ってくれるお店は親切ですね。


試しに丸洗いしてみて!


取れないときはそれはいいわ。


そんなお客様もいらっしゃいます。


でも


厄介なのが染み抜きをするお店の場合。


染み抜きしてみます。


と言われれば


そりゃ別料金がかかったとしても、お願いする場合もあるでしょう。


結果


落ちませんカードが付いてくれば


それはガッカリ。


でも


プロがそれなりのことをしてくれたんだから・・・


とあきらめる方もいらっしゃるでしょう。


いやいや


別のお店でなら落とせるんじゃない?


どうしてもシミを取りたいのよ!


そんな方は染み抜きのお店検索しますよね。


そうしてこのブログを見てくださってるのであれば・・・


お気軽にお問い合わせしてみてくださいね。



 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.