top of page

ゴシゴシ もみもみ トントン 最も生地に負担が少なくてやさしい染み抜きはどれ?ペーパータオルに油性マジックで検証




油性のマジック マッキーで手に「さかな」を描きました


きれいに落ちるかな?


次に


同じ油性のマジック マッキーでペーパータオルに「さかな」を描きました


きれいに落ちるかな?


同じシミでも


何についたかで出来る作業は大きく異なります。


ペーパータオルに油性マジック


それ取れないって思いますよね?


破けますよね。



だからやろうと思わないでしょ。


でも手に書いたのならは誰だって落とせますよ。


やり方なんか調べるまでもないです。


同じように・・


ギトギトの油汚れが食器に付いたら誰も落とせるけど・・


洋服に付いたら?


普通に洗濯しても落ちないのが油染みじゃないですか?


食器は水洗いで綺麗に出来るに・・


洋服は水洗いで綺麗に出来ない。


仕方ない・・


染み抜きするか


とか


染み抜きは面倒だからオキシクリーンに漬け込むか


とか


染み抜きは面倒なんですよ。


だから出来るだけ簡単に綺麗にしたいんです。


でも


それがなかなか出来ない。


薄くはなるんだけど完全に取れない。


その薄くなった状態では染みが気になって着る事が出来ない。


手間をかければ必ず成功するのであればね。


がんばるか!


って思いますが・・


家庭での染み抜きは結果が伴わない事がとても多いです。


どこまでならやれるか・・


その見極めも難しいですよね。


どうしてもご家庭ではこするもむたたくを組み合わせて物理的な染み抜きになってしまう事が多いかと思います。


オキシ漬けは漂白なのでどんなシミも効果的な訳ではありません。


シミさえ取れればどんな方法でも成功なんですが・・


どれが正しいかもわからないし・・


このまま染み抜きをやり続けていいかも悩みますよね。


こする 揉む 叩く


繊維に最も優しいのは「叩く」です


じゃ何でたたくか?


繊維に最も優しいのは同じ素材「共布」です。


なので生地同士揉み洗いも有効です。


優しい染み抜きをしてみて・・


反応の善し悪しで感じてください。


これは取れるかも?


なのか


これは無理かも?


なのか



ムリだと判断するタイミングが早ければ早いほどプロがやる染み抜きの成功率は高い傾向にあります。


お困りの際は是非ご相談ください。

Kommentarer


bottom of page