top of page

シミだと思ったら脱色だった。身に覚えのない脱色の原因は・・






まぜるな危険


って書いてある洗剤


あれって


服につけるな危険


でもあります。


商品名で言うと


キッチンハイター


ドメスト


カビキラー


とか


用途としては


台所


お風呂


トイレ


洗濯槽


なんかで


落ちにくい汚れとかカビなんかを除去するもの。


これらは全て


塩素系の漂白剤です。


ハイター


とか


ブリーチ


とか


書いてあるのはほぼそうです。


普通に洗っても落ちないものに使うもの


黄ばみ


黒ずみ


カビ


茶シブ


等々


まぜるな危険


だけでなく


除菌もできるとか書いてあるものも多いです。


繊維素材で使うなら


白無地の綿素材でふきんやおしぼりの除菌、漂白、消臭


等に使ってもいいけど、色柄ものはNGってやつ。


これってあまりヤバいものって意識しないで日常使いしてる方大勢いますが・・


着てる服に付くと色が抜けます。


原液を付けるなんて事はあまりないしさすがにそれはヤバいってのは知ってるかと思いますが・・


あれ?


なんだこの染み


なんて感じで気が付く色の段差


これが塩素系の洗剤(漂白剤)での脱色だったりするわけです。


希釈された状態で飛沫が付いたぐらいでもかなりヤバいです。


ハイターとかブリーチとか書いてあると


漂白剤って認識しやすいですが・・


カビキラーとか


洗濯槽クリーナー


なんかだと漂白剤って思わず油断してしまいます。


なので・・


それ系の洗剤を触る際にはものすごく注意してください。




Comentarios


bottom of page