シャネルのビンテージのブラウス シルク 黄ばみ 染み抜き 着る前洗い



どんなにハイブランド品であっても


どんなに高級素材であっても


どんなに素敵な色味でも


どんなにオシャレなシルエットでも


前提として


シミや汚れやニオイがない状態でなければ着る事が出来ません。


着る事が出来ない服は価値がないと考える人も多いでしょう。


着たいけど着られない。


でも捨てられない。


そんな服は御座いませんか?


また


古着でお求めの際も・・


現状はシミや汚れがあって着られない。


でも販売してる。


欲しい。


きれいにして着たい。


そんな場合もありますよね。


家でずっと収納してる着られない服より


古着で買った服のしみぬきのご依頼がとても多いです。


着たいから買ったわけですもの。


このままでも着られない訳ではないんだけど・・


とか


お店ではわからなかったけど・・


やっぱりよくみたらシミが多いとか


わきの下が黄ばんでるとか


今日の事例はシルク素材のブラウスでブランドはシャネルです。


最初から洗浄力を重視した作業が出来ないアイテムの厄介なシミの場合。


慎重に色々な事を見極める必要があります。


結果と代金以外どうだっていいかもしれませんが・・


値段が高いって事は


時間がかかってるって事で御座います。


しわがなくなっただけでもかなり印象が変わります。


全体が黄ばんでいたので発色性も悪化していましたね。


シミ汚れゼロでのお渡しは本当にうれしいです。