top of page

シュタイン シャツ 雨染み 買ったばかりで初めて着た日に不運にも雨。雨染みの修正事例 ビフォーアフター

更新日:2023年5月29日



洋服を買った直後はうれしいですね。 どれにあわせようかな・・ なんて試着は楽しいですね。 思いきって買ったドメブラ。 シュタインの今期物。 この素材感。 この艶感。 この色味。 このシルエット。 この落ち感。 もうどこにフォーカスしてもカッコよ。 製品面だけ観ててもニヤニヤ出来る。 そんなシャツではないでしょうか。 シュタインらしい無彩色ですが、よく見ると均一な色味ではないのです。 無地と言えば無地ですが、独特の色味とグロスが本当に素晴らしい。 それにこのワンドなシルエット。 長い袖丈も計算されたものですね。 UNIQLOのビッグサイズを選んでもこうはなりません。 何処にもブランドのロゴが書いてあるわけじゃないけど・・ これはカッコいい。 これはオシャレなやつ。 これは高いやつ。 ってわかります。 シュタインが人気なのもわかりますね。 シュタイン だけじゃなく オーラリー グラフペーパー なんかもお好きなお客様ではないでしょうか。 始めて着用した日。 不運な事に雨。 ちょっと濡れてしまったおニューのシャツ。 濡れた所は一時的に濃い色になり色の段差が出来る。 でもそれは普通の事。 乾けば元通り・・ ん? なんで? まさか・・ 染み? まだ一度しか着ていない。 まだちょっとしか着ていない。 買ったばかりのシュタインのシャツ。 これは凹みますよ。 おおいに凹んでなんとか元に戻したいってなりますよね。 他店さんに相談した際の説明に納得いかないって事で当店をご利用下さいました。 ありがとうございます。 使用感がほぼない状態を保つ事を意識しまくって作業をさせて頂きました。 きれいになりましたね。 良かったです。


Comments


bottom of page