top of page

シワになりにくいシャツは汚れもつきにくい訳ではない。イージーケアだけどあまり洗わなくてもいい訳でもない。ワイシャツの襟の汚れ 染み抜き ビフォーアフター




しわにならないワイシャツ


もうそればっかりになりましたね。


形態安定シャツ


とか出始めの頃は画期的で新鮮でしたが今はもうそれが当たり前です。


洗ってもしわにならない服はワイシャツに限らず、化学繊維(合成繊維)を含んだ素材で作られるのが多いんですが・・


今日の事例のワイシャツの様に綿100%でもシワにならない加工が出来る様になりました。


天然素材である綿は洗うとしわになるんです。


だから洗っても皺にならない様にするために化繊 を混紡するのです。


化繊を混紡したことによる素材感と着心地は綿とは別物です。


やはり綿のシャツを着たい。


って方もいらっしゃると思うんです。


じゃ、綿100%でもしわにならないのを作ろう。


って事ですよね。


確かにこのシャツはしわになりません。


ただ


僕も含めてより多くの方が知ってる綿100%の風合いではありません。


化繊を感じるんですよ。


化繊混紡だけど、綿にしか思えない。


のと


綿100%だけど、化繊混紡にしか思えない。


のでは


どちらがいいですか?


綿の風合いで着たいのではあれば化繊でも綿っぽい方ですよ。


そっち系の商品も沢山ありますもん。


UNIQLOも得意ですよ。


天然素材なんか1%も入ってないのに・・


コットンライクであったりウールライクであったり・・


もう素材がなにで出来てるか?


なんて関係ない人が増えています。


若い人はほぼそうです。


ワイシャツは綿(コットン)


ネクタイは絹(シルク)


スーツは毛(ウール)


ベルト




はレザー


大人の男性のスーツスタイルは全部天然素材100%


って思ってる人はもう若い人じゃないと思いますよ。


洋服は全てイージーケアが当たり前。


家で簡単に洗えるし、皺にならないからプレスも不要。


え?


家で洗えない服なんか買わないし・・・


え?


プレスが必要な服なんか買う訳ないし・・


ってのが主流です。


今後しばらくと言うか・・


もうずっとそうだと思います。


だから


クリーニング需要が減るのは当たり前なんですよ。


ワイシャツはクリーニングに出すのが当たり前だったのはもう過去の話です。


化学繊維素材の混紡や加工技術の進化はイージーケアがイイってお客様に寄り添っています。


いくら安くてもいくら近くにあっても、そもそもクリーニングに出したくないし、洗えるのであれば自分でやりますよ。


ただシワがつかない服は汚れも付かないわけではないんです。


洗えば汚れは完璧に取れればいいんですけどね。


ワイシャツの襟なんかどうですか?。


洗剤のCMのあの白さなんか幻だと思ってませんか?


どんな服も汚れに関しては、素材そのものや製造時の加工技術なんかよりも・・・


着る環境


着る時間


着る頻度


着てから洗うまでの時間


そして


衣類のお手入れ方法が影響を与えます。


よく時間が経つにつれて汚れが落ちにくくなるなんていいますよね?


そうなんですよ。


定期的もしくは適切な頻度で適切な洗濯方法を実践することでしか汚れを綺麗にすることが出来ないです。


何回着たら


とか


よく聞かれますか


着てる時の状態によっては1回でも洗った方がいいし・・


その着方なら2回でもいいかも


なんて感じで決まっていないんですよね。


イージーケアのワイシャツはクリーニング屋んぼ視点で汚れを落とすことを考えるとメンテナンス性がイイものが多いです。


但し


イージーケアのシャツだからこその注意点も御座います。


それを意識しないで、今までと同じ内容でワイシャツを洗ってプレスしてるとどうなるか?


襟とカフスと前立てが縮みます。


前立てってのはシャツの前端を表に折り返した前合わせのこと。


正確にはその部分に入ってる芯材が熱で縮み変形します。


洗う温度とプレスの温度が低くないとダメなんです。


でもクリーニング店のワイシャツ洗いは高温ですし、乾燥しないで濡れた状態で高温でマシンプレスです。


それはメーカーさんもダメって書いてある。


クリーニング店でも低温で洗って、乾燥させてから中温でアイロンで仕上げるとOKなんですが・・


まず低温で洗えば汚れ落ちが悪くなります。


乾燥させてからアイロンをかけると生産性が著しく悪化します。


定額制のクリーニング店の場合、生産性が均一でなければなりません。


なので、それをやるとなると今のワイシャツの料金では出来なくなります。


クリーニング代で最も安価なワイシャツですが・・


その安さの理由は大量に同時処理出来るからです。


もうね・・


昔と違ってイージーケアのワイシャツしか売ってないし着てないのよ。


もちろん、クリーニングに出さない人も増えてるけど、相変わらず出してる人もおりますよ。


しかし、クリーニングに出してると部分的に縮んで型崩れする。


前身頃なんか、まるでボタンを掛け間違えた様に左右で長さに差が出ちゃう。


襟やカフスを裏から見ればめちゃくちゃ皺が出来てる。


身に覚えありませんか?


服を買ってくれる人のニーズにはしっかり寄り添って製品開発をしますが・・


服を洗う人の事なんかお構いなしです。


そんなの今も昔もこれからもそうですよ。


だからね


もう僕らが変っていくしかない。


どんな服だってどんとこいですよ。


もちろん、手間をかけないと出来ない事も増える。


つまりメンテナンス代も高くなる。


皺はOKなんだけど汚れはNG


家で洗っても綺麗にならない。


じゃクリーニング出せば?


って事で定額制のクリーニングに出したけど


それでも綺麗にならない。


もうね・・・


普通に洗って落ちないなら


キレイにするのに必要な手間をかけるしかありません。


何をして欲しいからクリーニングに出すの?


襟と袖の汚れを取りたいんですよね?


当店では成功報酬制ですので必ず結果を出してお代を頂くシステムです。


是非ご依頼くださいませ。






Comments


bottom of page