スカジャンについた広範囲のビールのシミ 染み抜き成功事例




昨日妻とCostcoで買い物をしている時。


白のワイドシルエットのパンツを履いてる女性を2名見かけました。


お二方共に一目で洋服が好きでおしゃれ!


そんな風に感じました。


実際、それは当たってると思います。


洋服に興味のない他人から見ても、オシャレだなって思う。


そんな人が身近にもいらっしゃいますよね。


何が違うんでしょう。


色々違います。


高級な素材やブランドを着てるとは限らないです。


顔がいいとも限らないです。


もちろん、体型や髪型やメイクなんかも込みですし、バッグや靴などの小物も込み。


目に見えるものすべて込み。


こみこみでおしゃれな訳ですが、トレンドってのをしっかり把握して積極的に取り入れてるからってのも少なからずあると思います。


白のワイドのボトムズ。


女性は特にこれからどんどん見かける様になるはずです。


白はね・・


膨張色で太く見えちゃうとか・・


汚れやシミが見えやすいとか・・


子供が小さいからそれは無理とか・・・


手に取らない人がいればいるほど、オシャレの原理である差別化になりよりオシャレに見えるかもしれません。


トレンドを追いかける事に意味なんかない。


常に好きな服を着る。


その好きな服のスタイルがもう確率されている。


今日の事例の様なスカジャン。


デザイン性の高いオシャレスカジャンではなく、昔ながらのスカジャン。


趣味は音楽でバンドも組んで音楽活動をしている。


そんな人をイメージさせるスタイルであればトレンドなんかあまり関係ないですね。


そういったスタイルがトレンドになるとむしろ嫌がるかもしれません。


色々なスタイルがあって、それぞれ好きな服や似合うと感じる服があります。


他人からの見た目を意識しないわけではないですが、好きな服を好きな様に着てください。


容易にテンションをあげる方法のひとつがオシャレだと思います。


お気に入りの服を着て出かけた際に飲食店で配膳の際にビールをかけられてしまう。


テンション下がりますね・・


ダブルのライダース(レザー)じゃなくてよかったですね。


ぴっかぴかに綺麗になりました。


僕は仕事柄、ファッション性と同じぐらいメンテナンス性を意識しちゃいます。


素材マニアみたいな方もいらっしゃいますが・・


どんな良い素材でも着れば汚れますし、アンラッキーな出来事でシミが付いてしまう事もございます。


メンテナンス性の良い素材であればリスクも低く料金も安く、成功率も高いです。


同じスカジャンでもメンテナンス性が悪いとなると・・・


同じビールのシミでも心配な事が増えます。


動画の後半ではそんな話をさせて頂いていますので、是非最後まで見てくれたらうれしいです。



 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.