スーツのジャケットの裏地の汗染み 輪染み theory



シュプリームやノースフェイスの様に


ブランドがどーんと書いてあって誰が見てもそれとわかるブランドの服。


それとわかって欲しくて着てるわけです。


UNIQLOやGUや無印なんかはそれとは逆でブランドは裏地にしか表記されてません。


着用中に他人に見せる為ではないし、それとわかって欲しくないと思って着てると思います。


それとわからないのなら、着たくない服



それとわからないのなら、着たい服。


わかりますよね?


あえて古臭い言い方をしますが・・


羊の皮をかぶった狼


え?それそんなすんの?


どこの?


どこに書いてあるの?


え?ここなの?


着てる時見えないでしょ!だったらUNIQLOでよくない?


今や、ベーシックアイテムでUNIQLOのコスパは世界一だとファッションのプロMBさんもおっしゃっていますし、異論は全くありません。


共感する人が多いはずですが・・・


それでも、自らブランドや価格を言わないとわからないベーシック寄りなアイテムを着る人は必ずいます。


もちろん、素材やシルエットやデザインで差はあるんですよ。


変態的にお好きな人(誉め言葉です)には確実にわかる差ですよ。


でも、ファッションに興味のない方には、それそんな高いの?


UNIQLOで同じようなものあるやん!


ってなります。


そんなん、わかってて着てるんですよ。


高揚感の差は価格差以上です。


例えば


UNIQLOよりトレンドを意識したGUのパンツスーツを着た時とtheoryのスーツを着た時。


他人から見たらそんなに差はないと思うかもしれませんが・・・


着てる本人は大違いです。


服好きの人が何枚も白無地のシャツを持ってる。


服に興味のない人からすれば、毎日同じシャツ着てると思われるかもしれません。


でも、それって本人からすれば全然違いますから。


コモリもヤエカもベーシック寄りなのに着てる人にしかブランドがわからないでしょ。


オーラリーとシュタインとかになるとデザインでわかってしまうかもしれませんが、着こなしの難易度もグンとあがります。


ブランドどーん!って書いてない服だって・・・


めっちゃ高い服は山ほどあるんですよ。


高ければいいっていう訳ではありませんが・・・


安ければいいっていう訳でもありません。


高揚感とか幸福感は主観であり、他者が判断するものではありません。


でも


でも


他人にどう見られるかはファッションにおいては意識しまくるところです。


スタイル抜群のモデルさんであれば、どんなブランドの服を着てもおっしゃれ―になりますが・・・


大抵はそうじゃない。


だから数多くのブランドの服の中から自分に合うものを見つけるのもファションの楽しさですね。


どんなブランドの服であっても・・


着れば汚れます。


脇の下の汗染みもできます。


裏地で他人には見えない


とは言え


やっぱ気になりますよね。


テンションあがる服なのに、シミを見たらさがりますよね。


大前提として


きれいで清潔な服を着る。


そのためにプロのメンテナンスに頼った方が良い場合が必ずあります。


そう、私の出番!


どのクリーニング店も同じじゃないのはもうおわかりですよね。


本当に綺麗になるクリーニングを是非、ご自分のお気に入りで実感してください。


お問い合わせお待ちしております。


 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.