チームでオーダーしたセーターをホームクリーニングしたら着られない程縮んでしまいました




昨シーズンは記録的な暖冬で雪のない冬を快適に過ごすことが出来ました。


ワークマンで衝動買いしたフィールドコアの防寒長靴。


殆ど出番がなかったです。


今シーズンは打って変わってまとまった雪になりまして・・


早い時期から雪景色になりました。


当然除雪作業も必要になります。


去年、買ったワークマンの長靴も毎日履いています。


ワークマンの長靴と言うと・・


いかにも長靴って感じで全然オシャレな感じがしないのでは?


って思う方もいらっしゃるかもしれません。


実際、機能性を重視した長靴が多いです。


でも、それだと衝動買いはしませんね。


ワークマンはその名の通り働く人にはなくてはならないお店でして・・


UNIQLOと同じように自社で開発して製造してるオリジナル製品がめちゃくちゃ沢山あります。


その豊富なノウハウを仕事着以外にも活かして、ちょっとだけかっこよくなった製品が第大人気です。


アウトドア

キャンプ

登山

釣り

オートバイ

ロードバイク

スポーツ全般


の際に快適に着る事が出来る専用ブランドの服ってのはめちゃくちゃお高いものばかり。


ワークマンでよくない?


って事でコスパの良さも相まって凄い事になっていますよね。


各分野の人気ユーチューバーさんもこぞってワークマンを紹介しています。


その他のブランドとの比較動画や商品レビューなんかを見て・・


買いに行った人も多いはず。


ただ、個人的には満点って訳ではありません。


もちろん、値段から考えれば妥当どころか大健闘なんですけど・・


僕のフィールドコアの長靴の場合はサイズ感です。


26cmとか05cm刻みでサイズ展開されてなくてSMLでのサイズ展開。


Lサイズを買いましたが僕には大きいのです。


もうちょい小さいとよかったな。


って時に・・


見つけたのが同じワークマンのインソール。


まるでスーパーフィートの様な見た目でスーパーフィートの価格の五分の一以下のの980円。


早速購入して入れてみると、サイズ感がかなり改善されました。


スーパーフィート程のフィット感はあるはずもありませんが満足度は高いです。


シューズ程シビアなサイズ選びが必要ない洋服でも、オーダーで作るとなったら自分サイズで作りますよね。


今日の事例はチームでオリジナルの文字入れやワッペンを貼って作ったオーダーのセーター。


素材はウール100%


洗濯絵表示は水洗いNG


水洗いはNGでもホームクリーニングならOKでしょ?


いやいや


ホームクリーニングって水洗いですから。


繊維素材の特性上、水で洗えば・・


どんな洗剤を使おうがどんな洗濯機を使おうが、どんな洗濯機のコースを選ぼうが縮みます。


川沿いとリバーサイドは意味が同じ様に家庭洗濯とホームクリーニングも同じです。


ホームクリーニングとは、クリーニング店でドライクリーニングが相応しい服を家で洗える訳ではありませんのでご注意下さい。


でもやっちまったものは仕方ないですね。


折角みんなでお揃いのセーター。


何とか着られるようにと縮みを修正させて頂きました。


 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.