デリケートな素材のおしゃれパンツの染み抜き事例 ビスコース100%




普通に生活をしていれば、様々なメディアから自動的に情報が入ってきます。


興味がないとスルーするわけですが・・


繰り返し同じ情報が入ってくると覚えてしまう事が沢山あります。


ハシビロコウ


なんて見たこともありませんし、見に行こうと思ってもいませんし、好きでもありません。


普段の生活の中で「ハシビロコウ」を発音することもなければ、思い出したりもしません。


見かける事なんか100%ありません。


でもこの独特の見た目の鳥はハシビロコウだって知っています。


好きな人にはわかる。


そんな各ジャンルの専門用語ってのがありますよね。


僕は陸上も水泳もしません。


でもクラウチングスタートとかベリーロールとかバサロ等。


覚えてる言葉ってあります。


でも、圧倒的に知らない言葉の方が多いはず。


興味がないなら、知らなくてもいいんです。


同じ趣味や同じ仕事の人同士の会話には専門用語が混じったりします。


お互いに意味を知ってる事を前提にしていますが・・


その趣味や仕事以外の人にはちんぷんかんぷんなはず。


でも、そんな専門用語の中でも知ってるワードってあるかもしれません。


クリーニング屋の場合。


業務用ってだけでアイロンとか洗濯機とか使う物の名前は一般家庭にもあるものと同じです。


今日の事例のビスコース


素材の名前です。


スマホ持ってれば秒で調べる事が出来ます。


でも、その素材の特性を知っても染み抜きが出来るとは限りません。


デリケートな素材になればなるほど、知識と技術と経験の差が出ます。


自分じゃ出来ないかも


って思ったら是非ご相談下さい。

 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.