top of page

ノースフェイス クライムライトジャケット ゴアテックス はっ水加工 Before&after 

更新日:5月12日




はっ水加工してある服のはっ水性が次第に劣る原因についてchat GPT4に書いてもらうと・・・


1.摩耗による劣化:洗濯や摩擦によって、はっ水加工を施された繊維の表面が徐々に摩耗し、効果が薄れることがあります。洋服を繰り返し洗濯することで、撥水加工が剥がれやすくなることが一般的です。


2.汚れや油分の蓄積:洋服が汚れると、撥水効果を低下させる油分や汚れが繊維の表面に蓄積します。これによって、はっ水性が損なわれることがあります。


3、紫外線や熱による劣化:紫外線や熱によって、撥水加工が劣化することがあります。長時間日光にさらされたり、高温で乾燥させると、はっ水性が低下する可能性があります。


との事・・


まず1の洋服を繰り返し洗濯するとって事には同意できなかったです。


どんな洗濯をすればとかもっと具体的に書いてくれないので一概にそうとも言えないと思いました。


次の2はまさしくその通りだと思います。だからこまめに洗った方がいいのです。しかし、1ではあまり洗うとよくないみたいな事を書いてあるから・・


矛盾してますよね。


次の3では高温で乾燥がNGとなっていますがこれも同意できないです。


洗浄後に熱を加える事で撥水性が復元出来ると思ってるのでこれは正反対でしたね。


どっちを信じますか?



では次に


全く着ないし洗濯もしない。光を遮断して収納していれば、はっ水性はずっと保たれるの?って事をchat GPT4に書いてもらうと・・・


理論的には、全く着ないし洗濯もしない、光を遮断して収納している状態では、はっ水性が長期間保たれる可能性が高いです。


しかし、実際には、材料の経年劣化や、湿気や温度変化による影響など、完全にはっ水性を維持することは難しいかもしれません。


適切な保管方法を実践することで、はっ水性をできるだけ長く保つことができます。


以下の方法が役立ちます。


1.乾燥した場所で保管:湿気は繊維に影響を与え、はっ水性を低下させる可能性があります。乾燥した場所での保管が望ましいです。


2.温度変化の少ない場所で保管:温度変化が激しい場所では、洋服の繊維が劣化しやすくなります。温度変化の少ない場所で保管しましょう。


3.光を遮断する保管:紫外線や光は、撥水加工に悪影響を与える可能性があります。光を遮断する収納ケースやクローゼットを使用して保管すると良いでしょう。


これらの方法を実践することで、はっ水加工された洋服の撥水性を長期間保つことができるでしょう。ただし、100%の保証はできませんので、必要に応じて撥水性をチェックし、補強することをお勧めします。


との事・・


おおむね同意します。


というか・・


はっ水関係なく全ての衣類の保管に当てはまります。


最後に


撥水性を補強するとは?って事をchat GPT4に書いてもらうと・・・


撥水性を補強するとは、はっ水加工された洋服の撥水効果が低下した際に、再び撥水性を高める方法を指します。


以下にいくつかの方法を示します。


撥水スプレー:市販されている撥水スプレーを使用して、洋服の表面に撥水コーティングを施すことができます。スプレーを適切に塗布し、乾燥させることで、撥水性を回復させることができます。


撥水剤を使用した洗濯:撥水剤入りの洗剤や、洗濯後に使用できる撥水剤を使って洗濯することで、撥水性を補強できます。製品に記載されている使用方法に従って適切に使用しましょう。


専門店での再加工:はっ水加工の専門店に洋服を持ち込むことで、プロによる撥水加工を再度施してもらうことができます。劣化が激しい場合や自分で補強するのが難しい場合は、この方法がおすすめです。


これらの方法を利用して、撥水性が低下した洋服の撥水効果を補強することができます。ただし、使用方法や適用できる素材には注意が必要ですので、製品の指示に従い、適切な方法を選んでください。



との事・・


どれも正しいと思います。


どれを選びます?


専門店での再加工と選んだ方は是非今日の動画を参考にしてみてください。


ご相談お待ちしております。



bottom of page