top of page

バイク乗りの服には必ず付いてる「虫」の染み コロンビア オムニテック 中綿インアー入りジャケット




オムニテックは、コロンビア独自の機能素材です。


最もわかりやすく言えばゴアテックスみたいな防風透湿性素材です。


登山やハイキング等


アウトドアでレジャーを楽しむ際に全ての天候に対応してる素材を使った服はとても多いです。


作業着ではないけど行動着ってポジションですし、雨や風の対策としてはとても優秀です。


コロンビアだけでなく、様々なアウトドアブランドでゴア社のゴアテックスっぽい機能性を持った素材を独自に開発していますね。


ただ人気なのはやはりゴアテックスではないでしょうか。


同じような用途に適した服を2枚購入し、同じような環境で交互に着用して比較すれば差を感じるのかもしれませんが・・


そんな事をする人がいるとすれば、アウトドア系のお店のスタッフさん、もしくは山好きのユーチューバーさんぐらいではないでしょうか。


コロンビアのオニムテック。


個人的にはおおいにアリです。


アメリアのアウトドアブランドと言えば・・


ノースフェイスやパタゴニアの入荷が多いですが・・


コロンビアって独自素材がとても優秀だと思うんですよね。


ファッション性やブランドの知名度の関係で同じぐらいの価格なら・・


ノースやパタゴニアを選ぶ人が多いのかもしれません。


って事は・・


人気が及ぼす価格の影響がとても大きい個人売買。


メルカリやラクマやペイペイフリマ。


そしてヤフオクなんかで買うには凄く良いものが安く買えるかもしれませんね。


汚さない様に


シミを付けない様に


と意識しまくって着るオシャレ着ではなく・・


自然の中で遊ぶ時に着る服です。


楽しい事をする時に着る服です。


故意に汚すとかシミを付ける必要は全くないけど・・


汚れるとかシミが付くなんて事を意識していたのではレジャーを楽しめないですよね。


バイクもそうです。


バイクに乗る。


晴れた日に乗る。


風を受けて気持ちよさそう。


ってバイクに乗らない人が思うイメージ。


確かにそんな日もありますよ。


正確にはそんな時間帯もありますよ。


そりゃ最高です。


でも・・


実際は気持ちいいとは真逆の時だっておおいにあります。


バイク乗りはみんなそれを知ってて乗るんです。


夏は熱さとの闘いです。


排熱が凄いバイクは火鉢に跨っているようなもんです。


走行中はまだマシですが、止まった時。


渋滞なんかもう最悪です。


冬は寒さとの戦いです。


ってことは・・


春と秋がバイクには良いシーズンです。


ただ・・・


虫はめちゃくちゃ当たりますよ。


とんぼがそっと肩にとまるとか、テントウムシがとまるなんて感じではないです。


ハエや蚊がまとわりつく感じでもないです。


大谷選手が投げる剛速球の様に猛スピードで体当たりしてきます。


もちろん即死です。


その虫によって出来たドット状の染み。


バイク乗りの服には必ず付いています。


ヘルメットやバイクを綺麗に洗車するようにバイクウェアも洗濯しないと!


って事でバイクウェアやバイクウェアではないけどバイクに乗る時に着る服の入荷が増えてきています。


レザーよりはずっとメンテナンス性がいいですし・・


キレイになりますよ。







Comments


bottom of page