top of page

バーバリージャパン トレンチコート 襟の黄ばみ 汗染み 襟回りの輪染み 染み抜き Before&after




G、PG12、R15+、R18+


これは、映画倫理機構(映倫)区分による、観覧年齢制限です。


G…年齢を問わず、どなたでもご覧いただけます。


PG12…12歳未満の方は、保護者の助言・指導が必要です。


R15+…15歳以上の方がご覧いただけます。生年月日を確認できるものをご持参ください。


R18+…18歳以上の方がご覧いただけます。生年月日を確認できるものをご持参ください。


※〈R15+〉〈R18+〉の指定がある作品は、チケットご購入時またはご入場時にご年齢の確認をさせていただく場合がございます。


となっております。


もう18歳以上の大人は無関係なのでそれは意識しないでOKなんですが・・


苦手なジャンルはありますから、観る事は可能だけど観たくない。


そんな映像が含まれてる事を予測して観ないって判断を自分でしています。


銃で撃たれる


とか


刃物で切られる


とか


殴る蹴る


とか


大けがをしてしまう。


もしくは


死んでしまう。


傷害や殺人シーンが含まれる非日常的な映像を観慣れてしまっています。


人と人が殴り合う


そんな痛みをイメージさせる映像には嫌悪感が伴いますから嫌う人は大勢いるはずです。


そんなシーンは子供には見せない方がいいし、見せたくない。


でも・・


それがアニメなら。


アンパンマンがバイキンマンをぶっ飛ばしてもOKです。


ドラえもんではジャイアンがのび太をボコボコにしてもOKです。


プリキュアやキン肉マンや北斗の拳やドラゴンボールでいくら殴り合ってもぶっ飛ばしても爆発もOKです。


実写であれば・・


人間の様な姿であっても変身してる戦隊ヒーローであればOKです。


海外ではマーベル作品の超人やヒーローであればOKですよ。


スパイダーマンもハルクもアイアンマンもめちゃくちゃ強いです。


アベンジャーズもスーパーマンも人間ではなく超人ですから。


マトリックスのネオの様な架空の人物やターミネーターの様なマシン。


ゴジラやキングコングだって殴る蹴るの暴力シーンに嫌悪感は皆無。


むしろもっとやれ。


もっと観たい。


って感じです。


生身の人間であっても・・


ダイ・ハードのジョン・マクレーン


007のジェームズ・ボンド


ミッションインポッシブルのイーサンハント


ワイスピのドミニク・トレット


みたいに主人公はどんなピンチでも大丈夫。


ドキドキはしながらも安心して観る事が出来ます。


ただその映像の影では死人もけが人も山ほど出てるし、いろんなものが破壊されまくりです。


でもそれは全部非現実の世界。


映画を楽しむために割り切ってるわけです。


何百人も乗ってる大型の旅客機が空中で大破とか。


火山、津波、地震、竜巻、隕石の落下


等の自然災害とか。


実際に世界のどこかでありえるような事だと知っているけど、人と人が殴り合ったりするよりは・・


どんなに犠牲者が多くても嫌悪感はほぼないように工夫して見せてるはずです。


宇宙人が攻撃してくるとか。


とか


恐竜に襲われる


とか


はもう全く怖くないって人もいるはずですよ。


映画であれば・・


本当は目をそむけたくなることでも、観る事が出来るようにいくらでも出来ちゃうんです。


だから楽しめるわけです。


現実の世界は平穏です。


それでも困ったなって事は日常的に起こります。


他人にとっては些細な事かもしれませんが本人にとっては立派な悩み事です。


どんなシミでお困りですか?


しみがあって着たいけど着られない服あったら是非拝見させてください。


映画で食事中に何かをこぼして慌ててトイレで染み抜きをしてるシーンを観る度に


あんなんじゃ取れるはずない。


擦らない方がいい。


と思ってる人はきっと僕と同じ様に染み抜きが本業の人です。


ハッピーエンドの映画みたいにお客様がにんまり出来る様な仕上がりになるよう一生懸命染み抜きをさせて頂きます。


Comments


bottom of page