バーバリートレンチコートの全体の黄ばみの修正事例 染み抜きとクリーニング




家中の大がかりな断捨離をして間もなく1年になろうとしています。


かなりたくさんのものを捨てました。


捨ててしまって困った!


って思った事はまだありません。


捨てようか迷ってHOLDしたもの。


結局、使っていません。


つまり・・・


捨ててしまっても大丈夫だって事です。


例年にない暖冬だからってわけではなく・・


厳冬であったとしても、コタツを使わないって決めていました。


和室にソファーを置いた時の違和感なんかすぐに慣れます。


ソファーを置いた事でコタツも置かない。


これもすぐに慣れました。


じゃもうコタツは捨てよう。


こたつ布団も捨てよう。


ホットカーペットも使ってないから捨てよう。


使えるものを捨てる。


抵抗がある人が多いでしょう。


うちは6人家族で全員が成人ですが、捨てたい派は私一人です。


人数的に不利ですから捨てたくても我慢するしかありません。


両親と子供たちは対象外ですが・・


妻には


こんな服着てるの見た事ないぞ。


前に着たのいつだ?


もう着ないんじゃないの?


捨てたら?


なんて、つい言ってしまいます。


そうね!


なんて同意してくれた事は殆どありません。


捨てる気があるのであれば・・


そんな事を言われる前に処分しちゃうからです。


ちなみに逆をことを言われた事はありません。


なぜなら、頻繁に服の入れ替えをして数が圧倒的に少ないからです。


長く持つ。


着続ける。


そんな服は本当に少ないです。


車は新車で買って最後まで乗るスタンスですが、服はまるで違うわけです。


男性の場合・・・


20代でオシャレが止まってるというか・・終わってしまってる人が一定数いる気がします。


服に金をかけた事がない


とか


奥様に選んでもらってるのを着てる


とか


仕事の時は制服や作業服を着るから、私服を着るのは週に2日しかないとか・・・


最近、いつ服を買いました?


洋服代って月にいくらぐらいですか?


お酒は好きだから家でも外でも平気でお金を使う。


お酒を飲まない人で服が好きな人はその飲み代のすべてを使って服を買う。


どのお金の使い方も正しいし、人は好きな事にしかお金を時間を使いたくありません。


洋服を買うのは凄く好きでおしゃれな方でも・・・


メンテナンスが嫌いな人が居ます。


クリーニングに出すのは嫌いで家で洗えない服の場合。


どんなに大事に着ていてもコンディションはどんどん悪化します。


もうどうしようもなくなってからクリーニングに出すと・・・


いい物ほど耐久性もメンテナンス性も悪い傾向にありますから・・


酷い汚れや古いシミを落とすとなれば、ハイリスクで高料金になってしまいます。


ますます、クリーニングが好きじゃなくなってしまう・・・


今日の事例のコート。


クリーニングに出したんだけど、全然黄ばみが取れてない


って事でお預かりました。


着用に伴う汚れが付く部分にシミがあるのではなく、収納中に付いたカビが酸化して出来た黄変したシミや全体の黄ばみがある状態です。


あまり着ないから洗わなくてもいい。


そんな感じで保管なさっていたのでしょう。


綺麗になります。


見違える様になります。


是非、どんどん着てあげてください。


服は着てなんぼです。







 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.