top of page

バーバリー トレンチコート 長期収納中のトラブル カビと変色に注意しよう 染み抜きとクリーニング事例紹介




そろそろ冬物を収納する季節ですが・・


あ!この服って一度も着なかったな。


そんな冬服はどのくらいありますか?


あ!なんて感じでうっかり忘れて着なかった服は少なくて・・


あるのわかってて着ない冬服の方が多いのではないでしょうか?


それ、いつから着てないですか?


着なくなる原因の1位は「飽き」だと言われてます。


飽きた。


なんか合わせにくくなった。


なんかテンションあがらない。


なんか似合わないなった。


買った事後悔はしていないけど別に買わなくてもよかったかな。


等々


クローゼットの洋服の数。


多くないですか?


とは言え・・・捨てられない服の数々。


収納期間は自ずと長くなりますし収納場所の環境も悪化するばかりです。


風通しの良い所で、直射日光を避け、湿気の少ない環境で保管出来てますか?


収納する服はクリーニングもしくは家庭洗濯済みで全て綺麗な状態ですか?


いくら防虫剤や除湿剤を置いてあるとは言え・・


着る服も着ない服も


洗ってある服も洗ってない服も


全部まとめてパンパンに入ってる。


そんな収納環境は今すぐ改善した方が良いですね。


わかってるけどなかなか行動出来ない事だらけな訳ですが・・


放置してしまうと「着たいけど着られない」「着られないけど捨てられない」そんな服になってしまいます。


特に洗ってない服には目には見えない汗や皮脂などの汚れがついてたり、気が付いていない飲食に伴うシミがついていたりします。


その状態で湿度高い場所で保管すれば・・カビ菌も衣類を食べる害虫も大喜びです。


服の汚れはカビや害虫の栄養源となってしまいます。


服がいっぱいで余裕が全くないのであれば空気の循環も悪くなります。


空気の循環が悪いって事は、湿度が高くなり、カビの繁殖を促進します。


クローゼットの中にはお気に入りの服が入ってるんわけですから、何とか工夫して収納場所の環境を改善する事をお勧めします。


特に保管期間が長い服は定期的に衣服を取り出し、風を通してあげて状態をチェックしてみてください。


いつだって着る事が出来る状態で収納を開始したはずですよね?


そんな服が収納中に変化してしまって着られなくなってしまう。


ものすごくガッカリですよ。


既にガッカリな状態になっていたら・・


「見なかったことにしとこう」


とそのままそっと戻したりしないで下さい。


もう自然に元に戻ってくれるわけないです。


もっとカビの繁殖が進行し、洋服がどんどん劣化するばかりです。


他の洋服にもカビが付いてしまったら最悪でしょ。


収納中のトラブルを発見したら・・


すぐに綺麗で清潔な状態に戻しておきましょう。


ご相談お気軽にどうぞ。  

Comments


bottom of page