top of page

パタゴニア ナノエア・フーディ― 2019年製 着ていないから汚れていない。汚れてないなら洗わない?え?5年もですか クリーニング Before&after




高山で動いたり止まったりを繰り返す有酸素運動の全行程において着つづけられるようデザインされたナノエア・フーディがあれば、レイヤーを着替えるためにペースを落とす必要はなし。


保温性と伸縮性と通気性を備えたフルレンジ・インサレーションは激しい運動中に余分な熱を逃がし、静止中は体を温かく保つ。


フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用



と書いてあるんですが・・


商品名以外で意味わからん言葉ありましたか?


レイヤーはファッションや洋服で言えば「重ね着」の事です。


レイヤーを着替えるって事は重ね着する服を変えるって事。


その為にベースを落とす必要はない。


ここで言うベースは肌に直接触れる服の事ですね。


落とすって事は・・


なんだろ?


もっと薄手にする


とか


そんなに暖かくないものにする


とか


なんですかね?


フルレンジ・インサレーション(FullRange® insulation)


これはどうやら中綿素材の名前っぽいです。


パタゴニアと日本の東レが共同開発。


保温性と伸縮性を備えているうえに、抜群の通気性を誇ります。


中綿素材の弱点である、衣服内の繊維の移動が少ないので保温性が安定しているのが特徴です。


最後に


フェアトレード・サーティファイドの縫製とは?


で検索すると


製造されたスーツ1枚1枚に対して、パタゴニアはそれを作った人たちに直接賞与を支払うというもので、この認証は提携する工場が安全かつ健全な労働条件に関するフェアトレードUSAの基準を遵守していることを意味します。


って事です。


調べれば何でもわかるよ。


でもこんな風に調べないよね?


なんとなーーーくわかればいいの。


大事なのは値段とかサイズ感とか色とか。


胸にパタゴニアのロゴが付いてる事が大事なんですよ。


ちなみに・・・


お値段。


2019年当時はもっと安かったかもしれませんが・・


2023年


つまり、今新品で買うと42,900円です。


うわ~


42,900円で好きな服を買っていいよ


って言われたら


何買いますか?


テンションあがりませんか?


今は中古って選択肢だってありますしね。


安いのを沢山買って使い捨て


みたいなことをパタゴニアは望んでいなくて・・


とにかく、沢山着て、沢山遊んで、ボロボロになったらリペアして、長く長く着続けて欲しい。


と願ってるブランドです。


実際・・


かなり長持ちしますよ。


しかも、トレンド関係なく着る事が出来るし、古さなんかも感じませんね。


ファッションにはトレンドがあって流行のシルエットなんかも御座いますが・・


やっぱ長く着るって事を重視すれば・・


定番のものになりますよね。


いつ着ても快適な服ってのは着る頻度も自ずと多くなりますよ。


今日ご紹介のジャケットは2019年製にしては非常に状態が良い。


あまり着ていなかったんだと思います。


あまり着ていないからあまり洗わなかったんだと思います。


着ないなら汚れない


汚れないなら洗わない


そんな感じで5年が経過し、今回初めてのクリーニングをご依頼下さいました。


ありがとうございます。


染みとかないですね。


シワなんか全然気にならないですね。


これポケットの中に押し込んで小さくして持ち歩く服だからシワを気にして着る服でもないです。


袖と襟


にだけ色の段差


汚れを確認出来たのでそれをゼロにするって感じで全体的なクリーニングをさせて頂きました。


この服いいですね。


このぐらいの薄手の中綿なら確かに衣服内の繊維の移動が少ないので保温性が安定しているでしょうね。


そうなんですよ。


中綿素材が天然繊維のダウンだとそんな事ないんですが・・


化学繊維の場合は綿が偏ったりだまになったりしちゃうことがありますから、それが弱点と言えば弱点ですかね。


ただ・・


それなりの値段がするアウトドアブランドはあまりそんな風にはなりませんよね。


真冬の寒い時にしか着ない様な厚手のアウターより、このぐらいのジャケットの方が着用出来る時期が長いです。


良いものを良い状態で長く着て頂く為に


定期的なメンテナンスが必要です。


沢山着たら洗う回数も多くなりますし‥


あまり着ないって場合でも5年に一度とかじゃなく、もう少しこまめに洗ってあげた方がいいんじゃないかなって思います。


ご利用ありがとうございました。





Commentaires


bottom of page