top of page

パタゴニア ファイヤーボールジャケット めちゃくちゃ丈夫で長持ち 化繊中綿ジャケット 古着 98年製 Vintage 黒ずみ 染み抜き クリーニング 





化学繊維は天然繊維の下位互換だと思ってる人がかなり減ってますよね。

天然の繊維で作ると高くなるから、天然繊維を模倣した繊維で代用する。

そんな風に思ってないですよね?

化学繊維の事を人工繊維とか人造繊維で言う人って最近いなくないですか?

そもそも

素材なんか何だっていい

そんな風に思ってる人もいるし

天然繊維と化学繊維で分けてもいなければ、どちらがいいとかもない。

それが今です。

昔は天然繊維の服がとても多かったし、化学繊維の服をやや見下した感じもあったと思いますよ。

スーツって素材は毛100%

別の言い方をすればウール100%

天然素材ですよ。

しかも、そのウールの品質にもこだわって生地を選んだと思います。

それが今や・・

スーツは化繊混紡が当たり前ですよね。

ものによっては天然繊維が1%も入ってないですよ。

中学生の制服と同じです。

少し前までランドセル背負っていた小学生が中学に進学する際に買う制服。

3年分の成長を見込んで大き目のサイズを買う。

春にはぱっと見で1年生ってわかる。

高校生になったら大人に近づいたって事で制服はウールが混じるか学校によってはウール100%になる。

これってもう家で洗濯できない。

お父さんのスーツと同じ。

え?

同じ?

お父さんのスーツは家で洗えるけど!

って感じなんですよ。

高校生でウールになった制服は大学生になって初めてスーツを買う時に化繊混紡に戻ります。

もしくは化繊100%になります。

今更ながら化繊のメリットに気が付いた。

もしくは

化繊の加工技術の進化で天然素材っぽくなった。

安くて

イージーケアでメンテナンス性が良い。

しかも丈夫で長持ち。

何でもかんでも値上がりして、給料は据え置き。

本当は欲しいけど、お金がない。

限られたお金は好きな事の使いたい。

それはもう化繊の方が売れれますよ。

売れるならそればっか作りますよね。

そうやって

ウールのセーターはアクリルになったり

アクリルは質感が・・

ってことならもうセーターは着ないでフリースにしたり

中綿に天然素材の羽毛が入ってるダウンも、ここ数年はエクワックスのレベル7みたいに化繊で最強の防寒性みたいなものが人気だったりします。

この流れって今後ますます増えてくと思います。

沢山のユーチューバーさんが化繊の服を紹介する際に家庭で洗えるって事をメリットとしてあげます。

それがいかに魅力的かって事ですよ。

もうクリーニグに出すなんて習慣は完全にオワコンです。

一般家庭の一般衣料品を洗う事で成り立つクリーニング加工サービスはもう必要とされてません。

それは今後もずっと同じだと思います。

それに気が付いてる方は既に違う事をやりはじめています。

当店で言えば染み抜きです。

パタゴニア

でも

それは現行品ではなく、古着です。

98年製のVintage。

古着です。

古着が好き。

でも

シミや汚れや臭いが・・

って方は是非当店にご相談下さい。


Comments


bottom of page