top of page

ビンテージのバーバリーのステンカラーコートの黄ばみと黒ずみ 染み抜きとクリーニング






残暑でまだまだ夏服を着てる方も多いと思いますが・・


お店はもう秋冬のお洋服ばかりになりましたね。


最終saleって事で、これから夏服を買うなんて方もいるかもしれませんが・・・


いくら定価比較で安くてもやめた方がいいかもしれません。


来シーズンはまた別のが欲しくなってしまうかもしれませんもの。


洋服は最後の最後まで・・・


生地が擦り切れるまで着るものはとても少ないと思うのですがいかがですか?


男性しかわかって頂けない事例で恐縮ですが・・・


シェービングする際に使う泡。


缶に入ってて振ってからプッシュすると勢いよく泡が出るやつ。


緑の缶のやつ。


次第に減ってきてるのは泡の出方でわかります。


もういくら降ってから押しても出てこない。


それは最後の最後まで使い切ったと判断しますよね。


この類のスプレー缶は廃棄する際には必ず穴を開けなければいけません。


専用の穴あけ機(ペンチの様なもの)があるので、横に穴をあけた途端・・・


こんなに残ってたんかい!!


ってツッコミたくなる程、勢いよく泡が出ます。


この泡で2~3回は髭を剃れたんじゃないの?


って感じの量を毎回廃棄するわけです。


洋服は


まだ着る事が出来るけど


もう着たくない。


との理由で廃棄されます。


髭剃りの泡はそれとちゃうのよ。


完全に最後まで使い切りたいのに・・・・


でもね。


洋服は自分はもう要らないけど、欲しいって人いるかもしれません。


中古市場に出す事はもう容易です。


フリマアプリもあるし、オークションもあるし・・・


捨てるよりはずっと良いのでどんどん出して下さい。


服好きの方は慢性的に服をチェックして、いつでも買う状態をキープしています。


古着で買った服ってのは、新品にはない魅力が御座いますよね。


ただあまりにも個性的なデザインや色柄だと、着回しが難しい。


その点、このバーバリーの綿素材のコートは完璧でしょう。


年齢性別関係なく、これだけかっこよく着られる服はなかなかありませんよね。


古着で良いのを見つけたら・・・


綺麗にメンテナンスさせて頂きますので是非ご相談下さい。


めちゃくちゃ綺麗になった事例が沢山あります。


それこそ、最後まで使い切るもよし。


少し着たら売るもよし。です。






最新記事

すべて表示

当店のすぐ近くでは道路工事が長い事続いています。 うちから郵便局までは徒歩3分 でも雪降ってるしダウン着なきゃならないし着ても多分寒い。 うちから郵便局まで車なら1分もかかりません。 田舎暮らし程、車移動ばかりで歩かないんですよ。 家から右折したいタイミングで工事車両が停まってました。 何分ぐらい通れないかは知る由もなく・・ その車両を避ける為、左折して遠回りする事にしました。 遠回りと言っても車

時代は変わって・・ 今現在のの卒業ソングで合唱曲と言えば RADWINMPSの「正解」ですよね。 めちゃくちゃいい曲です。 RAD推しだからってわけではないんですが・・素晴らしいです。 野田洋次郎さん素敵すぎます。 僕が卒業する時に流行っていた曲は 盗んだバイクで走り出したり 夜の校舎窓ガラス壊して回ったり でした。 もしくは どぶねずみみたいに~ とかね。 それはそれでよかったんでですが・・ 卒

bottom of page