検索

ボーダーのカットソー 黄ばみ 染み抜き事例





家庭で洗える服で、取りたいけど取れない染み(汚れ)


黄ばみ系


ご相談もご依頼も大変多いです。


ハイターが二種類ある事もご存じですよね。


ひとつは色柄ものにも使えるけど、黄ばみ取れないやつ。


もうひとつは黄ばみ取れるけど、色柄も取れちゃうから使えないやつ。


黄ばみを取るちょうどいいのがない。


だから取れない。


諦める人も大勢いるのではないでしょうか。


簡単に誰にれも出来るのは黄ばむ前に洗う事です。


黄ばみは食べこぼしの様に一瞬で色の段差が出来るのはなく・・・


酸化して黄ばみます。


酸化するには時間がかかるので、その間放置されてるって事です。


着てから洗うまでの時間。


これが短い方が黄ばみのリスクは減ります。


いやいや・・・


すぐに洗ってるけど黄ばみます。


って方もいますよね?


どうしてでしょう?


それは洗浄力が足りてません。


つまり、綺麗になっていないのです。


原因はなんでしょう?


洗濯機の大きさに対し、洗う服の量が多すぎる。


とか


水温が低い


とか


洗剤の洗浄力が低い


とか


これはどう改善すればいいか。


お客様のお洗濯設備ややり方によって違います。


最新のドラム式に換えてから汚れ落ちが悪くなった!


って方は節水で洗ってるのに洗う服の量が多すぎるのかもしれません。


洗剤も数多くあってどれを使えばいいかわからないですよね?


そろそろ買わなきゃ。



これ安くなってる。


って値段で買ってる人も多いでしょうね。


CMをしてる有名人が好きだからって理由とかもあるかもしれません。


洗剤は大きく分けて液体と粉末です。


中間的なジェルボールなんかもありますが・・・


使いやすさで言えば液体ですが、洗浄力で言えば粉末です。


また


中性とアルカリ性も大事なところです。


一般的には洗濯絵表示が手洗いもしくは水洗い表示の下にラインが一本とか二本引いてあるなら、中性洗剤がお勧めです。


でもアルカリ性で洗ったらどうなる?


ものによってはどうもなりません。


でもその見極めが難しいので一般的にはと記載しました。


でも洗浄力で言ったら中性よりアルカリの方がよく落ちます。


洗浄力を重視するのであれば、粉末でアルカリ性って事になりますね。


蛍光増白剤(蛍光剤)


とか


酵素


とか


漂白


とか


消臭


とか


意味はわからないけど、なんだか良さげなワードが記載されていてどれがいいのかわからない。


って方はネットで


洗剤 おすすめ


とかで数多くの人が良いと評価してるものを選んでみましょう。


その日の安さで選ぶよりいいかもしれないですね。


いやいや


もう自分じゃやんない。


って方は是非当店をご利用くださいませ。



 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.