ワイシャツのポケットの中についたボールペンのインクのシミ 染み抜き






オーバーサイズのトレンドが継続中ですね。


まだまだ続くとの見方が大多数の様です。


通販で服を買う際に心配なのがサイズ感。


オーバーサイズであれば・・


買う側も売る側もかなりハードルを下げる事が出来ますから・・


そんな理由でも、このデカいサイズのトレンドは続くんだと思います。


そうなりますと・・


メンズが積極的にウィメンズを選んで着る様になったり・・


今回のUNIQLO×theoryのコレクションの様にジェンダーレスでリリースしたり・・


自分に合うサイズ感がなんかよくわからなくなりそうです。


アウトドアブランドの洋服はテクニカルな用途で着る方も多いはず。


オシャレ着(ファッション性重視)ではなく機能服なのでサイズ感は大事です。


海外の人気アウトドアブランドだとワンサイズ小さめを選ばないと・・


だったりしますよね。


その点、国産のモンベルは凄いですよ。


合わない体型の方はいないでしょ?


って程、サイズ展開がめちゃくちゃ多いです。


パンツのレングスはショートからロングまでありますし、何なら裾上げも可能です。


ユニセックスとなっていない服であれば・・メンズはSサイズからです。


でもSサイズではレングスがロングサイズでもまだ短い。


そんなモデル体型の方なら


ウィメンズのLとかXLとかだとばっちりだったりします。


ジブンにぴったりのサイズ感で着る機能服は快適そのものですよね。


仕事で毎日スーツを着る方。


夏でも毎日ワイシャツを着る方。


多いですよね。


既製品のサイズ感でカッコよく快適に着る事が出来る体型の持ち主であれば問題なしなんですが・・


そうじゃない人も大勢いますよね。


以前はオーダーってめちゃくちゃ高いイメージでしたが・・


今やお手頃な価格で自分サイズにオーダー出来る様になりました。


そんなオーダーのシャツも形態安定シャツでイージーケアとなりました。


もう奥様が旦那様のワイシャツを持ってクリーニング店に通う事もない訳です。


「部屋とワイシャツと私」の歌詞の様に頑張る必要などありません。


部屋はルンバが勝手に綺麗にしてくれるし・・


ワイシャツはアイロン要らずで着る事が出来る。


ただ、シミがあった時は当店に頼んでくださいませ。


って事は・・


もう「私」以外毎日磨くものはありませんね。


曲を知らない人がいたらすいません・・


1992年リリースの平松愛理のウェディングソングです。


例えが古くてごめんなさい。