ワイシャツを着て農作業 泥汚れと汗染み



服が汚れる事を気にしていては出来ない作業ってありますよね。


そんなときは汚れても良い服を着ますよね。


しかも洗濯機で機械力をかけて丸洗いできる素材で、アイロンでプレスなんかしなくても着られる服。


つまり脱水しても皺になりにくい服。


それから汗をかくような作業の場合。


汗で濡れた状態が長く続いて不快な素材は避けたいです。


上記の内容で相応しいのは化学繊維の服です。


UNIQLOではなくワークマンで売ってる服が良いですよね。


でも


そんな事はわかっているけど・・・


着替えるのが面倒で朝着た服のまま汚れる作業をしてしまう。


その時に着てた服が綿100%のワイシャツ。


これは洗濯機で機械力をかけて丸洗い可能です。


でも


アイロンでプレスしないと着る事が出来ないドレス系のワイシャツです。


ドレス系と言っても半袖ですからそこまでフォーマルって訳ではありませんが・・


カジュアル寄りでもありません。


それに素材の特性上すごくしわになります。


Beforeの動画を見てもしわくちゃであることがわかりますね。


これは洗って出来たしわではなく汗をかいて濡れてぬいで出来たしわでしょう。


それに綿素材は汗で濡れた場合も化繊より乾くのが遅いです。


乾くのが遅いって事は臭いの原因である雑菌の繁殖も早いです。


やはり汚れる事が当然であって汗をかく様な作業には向かない素材のアイテムでしょう。


それはお客様も十分わかってるんだと思います。


クリーニングに出して丸洗いしてもらえば


どんなに沢山のシミがあっても、汚れの範囲が広くても全部綺麗になる。


それが理想的です。


洗浄力を重視した全体処理も出来ますが、より確実に綺麗にするために効果的な前処理(シミや汚れを落ちやすくする処理)をさせて頂きました。


何もしないで洗うより明らかに汚れ落ちが良くなります。


前処理で全部綺麗にしようとは思っていません。


実際、このシャツも前処理で綺麗になってないです。


洗ったら綺麗になった。


これは狙い通りです。


数多くの経験と専門的な知識に基づいて結果を予想するので、あまりそれは外さないです。


古くなったワイシャツを作業用に使う。


そんな方はクリーニングには出さずに家で洗います。


でもクリーニングに出したって事はシミをゼロにしたいってことですし、仕上げもafterの動画の様にプレスしてほしいってことですね。


ご利用ありがとうございます。






 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.