ワンピースの中に着るインナーの油染み 染み抜きとクリーニング




汗をかいたので・・・


夏服はほぼ全てそうですよね。


だから、家で水洗い出来る服だったら


着たらすぐに洗いますよね。


水洗いすることで汗はとても効果的に落とすことが可能です。


でも・・


この服は家で洗えない。


そんな服はクリーニングに出すことになります。


家庭で水洗い出来ないアイテムはクリーニング店でも基本的に水洗いは出来ません。


出来ない訳ではありませんが・・


しない方が良いと判断するのが一般的です。


じゃどうやって洗うかと言うと・・


ドライクリーニングです。


水は一滴も使いません。


だけど濡らさない訳でもありません。


水洗いと同じように液体に浸されます。


水の代わりに使う液体が石油系の有機溶剤です。


この溶剤で洗う方法がドライクリーニングで、どんなにデリケートな素材でも洗う事が可能になっています。


例えば・・


激安のトイレットペーパーですら機械力をかけて洗っても原型を保つ事が可能です。


同じことを水洗いでやったら、秒で溶けてなくなります。


ティッシュをポッケに入れたまま水洗いしてしまうとポッケの中でティッシュが溶けて大変な事になりますでしょ。


ドライはそうなりません。


だから、着物でもネクタイでもスーツでも天然素材はドライが相応しいメンテナンス方法となっています。


そして、家庭では絶対に真似のできない洗浄方法です。


ただ不得意な部分もあります。


水溶性の汚れやシミの洗浄力が水洗いと比較すれば劣ります。


汗をかいたから


との理由で洗うのであれば理想は水洗いです。


油汚れがついたから


との理由で洗うのであればドライクリーニングが効果的です。


でも、大抵のシミや汚れは水溶性と油性の両方が混じっています。


汗をかいた


と同時に


皮脂も付いています。


つまり、水溶性と油性の両方が付いています。


スキンケアではクレンジングだけして洗顔をしない


とか「なし」ですよね。


今日はメイクしてないからと


クレンジングなしで洗顔だけ


とかは場合によって「あり」ですよね。


洋服も理想はドライ&ウェットでダブルクリーニング(二度洗い)する事で全体処理で汗も皮脂も効果的に取ることが可能です。


ただ水洗いNGの服をウェットするって・・


色々厄介な事になります。


一時的に厄介な事になったら、それを元通りに戻すのに手間がかかります。


だから、明確な理由がない限り・・


今日ご紹介のワンピースであれば水洗いはしないでしょう。


汗をかいたので・・


でもドライで!


って事になります。


しかし、今回はワンピの中に着るインナーに油じみがありました。


汗をかいたで言えば・・


より素肌に近いインナーの方が汗はついているはず。


でも、見た感じは油染みです。


油染みであれば・・・


ドライが最強ですよ。


ついたばかりの飲食に伴うシミで何もしていない状態であれば・・


大抵は取れると思います。


家で水洗い可能な服であっても油汚れ(メイクのシミや食べ物のシミ)であれば


クリーニング店でドライ出来ないか相談してみてください。


水洗いは油性の汚れやシミの洗浄力がドライと比較すれば劣ります。


だから、家で洗う服で残ってしまうシミは油染みがダントツで多いんです。


お気軽にご相談下さい。


HPに当店のLINEのQRコードが記載されてます。


お問い合わせは写真も簡単に添付出来るLINEがとても便利です。