top of page

中古で服を買ったらきれいに見えてもそのまま着ないで着る前洗いがおススメです




今日は3月5日か・・・


1994年の3月5日


普段は絶対に着ないであろうド派手な着物やスーツを着て大勢の皆さんと過ごしました。


隣には


同じようにド派手な着物やドレスを着た女性がいて・・


あれから28年。


結婚式の会場となったオーヌマホテル(山形市小白川)は今はもうありません。


27歳の娘と22歳の息子がいて・・


すっかり、おっさんとおばはんになりました。


交際期間を含めるともう32年のお付き合いです。


しかも・・


結婚する前から僕は今の仕事(クリーニング屋)だったし、妻は結婚と同時にこの仕事を手伝ってくれていますので・・


おはようからおやすみまで・・


ずっと一緒にいるわけです。


自営業の方は夫婦がずっと一緒に同じ仕事をするってのがそんなに珍しくないと思いますが・・


今も何とか一緒にいます。


仕事とか結婚とか人生の大きな選択や決断に限らず・・


今思えば・・


あの日あの時のあの選択(決断)をした事を後悔する事も多いでしょう。


でも、過去に戻れるわけではなく・・


先の事もわからず・・


「今」を生きるしかありません。


色々な過去があっての「今」ですし


「今」があっての未来です。


まさか・・


こんなに古着や中古の服のクリーニング(染み抜き)需要があるだなんて・・


思いもしなかったように・・


これからも、今は想像もしてない未来が待ち受けています。


人間が服を着る限り・・


服を定期的にきれいで清潔な状態に戻すメンテナンス(洗濯)は必要なはず。


お客様のご要望の数だけ需要はありますし・・


もしかしたら、新しい需要を作れる可能性だってありますよ。


知らないブランドを知る事が出来るのもうれしいし


きれいになる事もうれしいし


「頼んでよかった」とお客様に喜んでもらえる仕事を


これから先もずっと二人で続けていけたらと「今」のところ思っています。


引き続きよろしくお願いします。


Comentários


bottom of page