久々に着ようと出してみたら黄ばんでた デニムジャケット



洋服は食べ物と違って賞味期限なんてものはありません。


いつまでも着る事が出来るわけです。


しかし


洋服(ファッション)は生もの


って言葉もあって・・


つまり、トレンドはどんどん変わっていくからいつまでも同じ服は着る事が出来ないって事らしいです。


今はもう春。


年が明けると冬物はsaleとなり、春物が出始めます。


2月になるともう冬物は最終的なsaleで、サイズ欠けや色欠けも目立つようになります。


夏に予約して上代で買った値段の半額以下で買えたとしても・・・


それはもう今期一度も着る事はなく、来期に着る服になってしまう。


だったら半額が当たり前かそれ以下かもしれません。


いやいや、来年着ても恥ずかしい事ないでしょ。


たしかにその通り。


売り場はどんどん春の服が占める面積が増えます。


2020SSがどんどん発表されますし、新作のルックを観て


これ買おう


なんてオシャレな方はわくわくする訳です。


常に先の季節の服を意識してるのは服好きあるあるだと思います。


そんなときに冬物を買う。


先の先の先の季節の服を買うのは服好きにはない発想かもしれませんね。


洋服の呼び方は同じであっても、リリースされる年によって結構違います。


そんな細かいディテールなんか気にしない。


って方も大勢いますし、長く着たいんだ!って方はもう年毎にトレンドを追ってもいられないですね。


デニムジャケット。


夏以外はいつでも着る事が出来ますね。


個人的には春です。


春になると着たくなる。


白シャツとデニムジャケットかもしれません。


どちらも、そんなにトレンドを意識しないで着る事が出来ます。


だから


久しぶりに着たくなって。


なんて感じで何年かぶりに出してみた!なんて事もあるでしょう。


収納時は黄ばみなんかなかったのに!


白シャツあるあるですかね。


同じようにデニムジャケットも襟に黄ばみが出てしまったとの事。


速攻、家で洗うも黄ばみは取れず・・


そう!


僕の出番です。



 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.