内またの擦れを取ってクリースラインも取って仕上げました



パンツ(スラックス)のクリースライン(中央のプレスライン)


あってもなくても履ける場合。


お好みに応じて付けたり消したりが可能です。


家庭アイロンを使っても同じことが出来ると思うのでわざわざ紹介するまでのないと思っていたのはどうやら私だけのようです。


実際、自分では無理。


綺麗に出来ない。


と思ってるお客様が大多数でございまして・・・


アイロンプレスは難しい。


苦手


嫌い


って方がとても多いです。


クリーニングに出す理由。


それは必ずしも洗うとか染み抜きだけではありません。


プレスだって立派な理由ですし、間違いなく需要があるところでしょう。


アイロンが苦手


それは家電メーカーさんもアパレルメーカーさんも知っています。


だからアイロンではなくスチーマーに力を入れるのでしょう。


また洋服も出来るだけしわにならない様な素材を使うのでしょう。


コインランドリーで業務用の洗濯機と乾燥機が使えるのが当たり前になった今。


クリーニング店でしか出来ないとされてるのはなんでしょう?


ドライクリーニングと染み抜きとプレスですね。


洗濯機と乾燥機は業務用が誰でも使いこなせるわけですが


アイロンは業務用のアイロン台とアイロンを使いこなせないかもしれません。


でも


大きなアイロン台と強力なスチームが出るアイロンは明らかに作業性がアップします。


いずれコインランドリーにはたたみ台だけでなく、アイロン台や染み抜き台も置かれるようになるかもしれません。


そうなってしまうと


ドライクリーニングをしないのであれば・・・


クリーニング店も工場を持たずに仕事が出来る様になりますね。


同じ機材を使うにしても、誰が作業をするかで差があって当然です。


楽で便利に


がニーズに寄り添った進化(変化)


だとすれば


面倒な染み抜きやプレスは特殊メンテナンスとしてのニーズがあるでしょう。


それはわざわざ意識しなくても、お客様と接していれば自ずとわかってしまうことです。


好きな事はいつかきっと得意なことになります。


その好きで得意な事にニーズがあるなら


それはビジネスになるはずです。


自分で出来るでしょ?


それでもビジネスにはなりますし・・・


自分で出来る様に工夫すれば皆自分でやるでしょ?


それもビジネスになりますね。



 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.