収納中のシミ いつなにがついたのかわからないシミ カシミア カーディガン 染み抜き






すっかり寒くなった山形です。


もう薄手のロンTから薄手のトレーナーを着ています。


寒がりの方は更になにかを羽織るとか


薄手のニットやフリースでも良さそうです。


朝晩なんかはもっと寒いのでレイヤリングでの調整が必要です。


情報の伝達スピードがめちゃくちゃ速いので・・


オシャレな方が増えたって事をファッションユーチューバーであるげんじさんがおっしゃっていて・・


確かにそれはありますね。


ネットで何でも買えるから、住所に大字や字が付くような地域であっても最新トレンドの今期物が買えます。


更にフリマアプリなんかでは、良さげな古着だって簡単に入手可能です。


服好きは慢性的に洋服をチェックしていますし、げんじさんのYouTube観てるとリドムだって着たくなりますし、オーラリーやシュタインも憧れますよね。


高い服やちょっと高い服だけでなく、UNIQLOやGUも頻繁にご紹介してくれますし・・


デザイン、色味、素材感、サイズ感、良い点、悪い点、そして肝心の着こなしまで丁寧にわかりやすくご紹介してくれるので・・


つい散財してしまう事も多いんじゃないかと思います。


175cm55kgのげんじさんは何着てもカッコいいですもんね。


流行りの服を知ることが出来て、それを真似することでテンションがぶちあがる!


ただ後になって、違ったかも?


って思う事もあるあるですよね。


そんな時は売るんですよ。


買っては売る!


を繰り返すのも今は容易になりました。


そういうの私には無理。


と最初からやる気なしの方。


50代以上の方が、プチプラの服に慣れ親しんだ若い世代より「良いものを長く着たい」と思う傾向が強いのかもしれませんね。


折角買った服が見ず知らずの誰かの手に渡るだなんて・・


とか


どこのだれがどんな着方をしたかもわからない服を自分が着るだなんて・・


とか


考え方はひとそれぞれです。


カシミア


ってどんなイメージですか?


言葉は知ってますよね。


服を素材で選ぶのも自由だし


ある程度の価格じゃないと・・


ってのも自由です。


安かろう悪かろう


なら致し方ないけど


高いのによくないものも確実にあったりしますよね。


こんなに高い服が悪いはずがない。


そう思いたい気持ちはお察ししますが・・


え?


これでこの値段?


ってUNIQLOさんの服を基準にしてしまうと大抵そうなります。


それだけUNIQLOさんが凄いんですけど・・


ただ


着用した際のシルエットとかちょっとした個性とか


そういった部分では試着が必要です。


ちょっと前に人気ファッションユーチューバーであるMBさんが毎年絶賛してるUNIQLOのカシミアが混紡されたウールのキャップ。


オンラインでは売り切れ。


でも山形の店舗にはありましたのでBLACKを試着してみました。


確かに1,990円には見えない素材感です。


でもUNIQLOな感じはしましたね。


僕の場合は試着してすぐ「買わない」って決断です。


YouTubeやSNSで絶賛されてるものが必ず自分にも良いとは限りません。


ただ1,990円なら買ってもいいか・・


とか


オンラインで完売ならメルカリで高値で売れるかな?


とか


ちょっとでも考えてしまうと買ってしまうかもしれませんね。


試着して「よし」って思うものでも、買ってから「いまいち」に変化するのに


試着して「う~~ん」って微妙に思うのが、買ってから「よし」に変化した記憶がありません。


やっぱ、いつ着ても「よし」って思える服は貴重だし宝物ですよね。


そんな大事な服は大事に収納してたはず・・


いつだって着たいときに快適に着られると思っていたのに・・・


身に覚えのない「シミ」がある!


そんな時は是非ご相談下さい。