古いノースのマンジャケ 機能性よりファッション性重視 かっこよければOKな着る前洗い




ノースのマンジャケやマンライはよく着てる人を見かけます。


すぐにそれだとわかります。


マウンテンジャケット



マウンテンライトジャケット



マウンテンダウンジャケット



マウンテンダウンコート


なんなん?


わけわからん。


って方でも


ノースフェイスでしょ。


お高いんでしょ。


ぐらいはわかりますよね。


その人気のマウンテンなんちゃらの歴史は古く・・


かなり以前から、今とほぼ同じデザインで売り続けています。


古くなったので買い替える人もいれば


色違いが欲しい人もいれば


モデル違いが欲しい人もいれば


ネタにするファッション系ユーチューバーさんもおります。


新色で人気が出そうなものは特に色欠けやサイズ欠けも早く・・


新品も早めに行動しないと入手出来なない?


でも安定して人気な黒なら・・


着回しもしやすいですよね。


ただ


町を歩けば・・


電車に乗れば・・


人手の多い場所では他人と被りますよね。


そこで・・


古着の良さを知ってる!


もう古着しか買わない!


なんて方は誰ともかぶらない「一点もの」を大事にオシャレに着ていますよね。


ただし・・


今日の事例のビンテージのマウンテンジャケットは剥離が酷くて・・


もうゴアテックスの


はっ水性

防水性

防風性

透湿性


といって機能性はありません。


そりゃね、


20年も30年も経過すればそうなりますよ。


綿とかウールとかの天然素材じゃないんですもの。


ただね


そんな機能性よりカッコいいってファッション性が勝るんであれば・・


それは着たいじゃないですか。


状態にあわせてクリーニングをさせて頂きますのでお気軽にご相談下さいませ。