古着のTシャツの部分染み抜きの成功事例



古着(フリマ等も含む)で買った服の状態としてよくあるのがシミや汚れです。


自分で着る前に


  • 染み

  • 汚れ

  • ニオイ


をゼロ(リセット)してから着たい。


誰でもそう思いますよね。


自分で洗って(染み抜きして)取れないのであれば・・・


是非プロにご相談下さい。


新品(定価)で服を買う事のメリットは沢山あります。


出来ればそうしたいと思いますが・・


やはりお高いですからね。


販売店が定めた売値を基準として比較した場合。


プレ値じゃなければ中古(古着)は安いはず。


折角安く買ったのに、着る前にメンテナンス代がかかってしまうのであれば意味がない。


そんな風に思ってる人も大勢いらっしゃるでしょう。


古着なんだから仕方ない。


って気になるシミを我慢しながら着よう!


と心に決め「気にしない、気にしない」と言い聞かせてもやっぱり気になるのではないでしょうか。


古着が好き。


そんな方の多くは洋服が好き。


そんな方の多くはオシャレであったり、自分のスタイルがもう出来上がってる。


より多くの方にオシャレに思われてる人の特徴はいくつもありますが・・


その中のひとつ。


我慢して仕方なく着てる服が少ない


です。


買ってはみたけど、着回ししにくい(何をどうあわせていいかわからない)。


とか


どうも、しっくりこない(似合ってない気がする)


とか


サイズ(シルエット)や色など。


一軍の洋服から早々に戦力外通告をされた服。


これを仕方なく着ることが圧倒的に少ないです。


洋服の収納場所は無限大ではありません。


一軍として着たい服しか収納していないのが理想です。


オシャレな人ほど、沢山服を買いますが沢山の服を手放しています。


収納場所の環境も良好な事が多いです。


古着で買った。


でもよく見たらシミがあった。


いいの、これ古着だから。


って思える人はそれでいいですが・・・


少しでも気になるって方はそのシミがないだけで一軍になれる可能性がグンと増すはず。


洋服のコンディションの差ってのはメンテナンスの内容と頻度の差です。


今日の事例のTシャツも古着です。


シミは二か所。


染み抜きさえすれば綺麗になります。



お客様は一か所でいいとの事。


それもお客様判断で自由です。


ちょっとでも気になる事があれば・・


とにかく、メンテナンスのプロにお話を聞かせてください。


LINEが圧倒的に便利ですからお気軽にどうぞ。


 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.