奥様は知らない旦那さんの服の全体の汚れとシミ パタゴニア 




奥様がご家族の服を持参するケースがとても多いです。


旦那さんやお子様がその服を着てる事は知ってるけど・・


状態までは把握していません。


クリーニングに出しとく。


けど


その前に検品なんかしてません。


だからどこに傷があってとか


何処にシミがあって


なんてわからないのです。


じゃ


奥様は知らないけど、服を着てる本人(旦那様)は知ってるのか・・・


知ってる場合もあれば知らない場合もあります。


仮に知ってても奥様に言わない。


そのままクリーニング。


クリーニング店で気づく事。


今日の事例で言えば傷穴とシミ。


Beforeの状態を受け付け時にお客様(奥様)と相互確認出来るといいのですが・・・


そうじゃない場合。


こんなところに傷穴なんかなかった。


クリーニングに出したら傷が出来た。


なんて思われることになります。


いや、それはお預かりした時からそうですよ。


と言っても信じてもらえないかもしれません。


そんなトラブルを避けるのは実は簡単です。


クリーニング店のトラブルの原因はコミュニケーション不足です。


相互確認することの重要性。


相互確認出来なかった場合は、お知らせすることの重要性。


今回も傷とシミをお知らせしてからシミを綺麗にしています。


是非動画をみてください。



 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.