家庭で染み抜きと言えばワイドハイターを使う人多いけどシミは取れますか?




家庭で染み抜きと言えば・・・


真っ先に手を伸ばすのが漂白剤って方多いのではないでしょうか?


漂白剤と言えば・・・


商品名の方がわかりやすいかもしれませんね。


そう。


ワイドハイター


液体と粉末があって、液体の方をお使いの方も多いのではないでしょうか。


毎回、通常のお洗濯に入れてます?


汚れが酷い時とか、シミがある時にだけ入れます?


それでどうですか?


おおおぉ


やっぱ、ワイドハイター入れたら綺麗になるわ!


って感じますか?


実はあまり感じてない。


でも・・・


家庭で染み抜きをしようと思った時。


真っ先に手を伸ばしてしまう。


それがワイドハイターかもしれません。


今日の事例の白シャツのシミもそうみたいです。


まずは液体のワイドハイターの原液を染みに直接塗って放置とか


高濃度の漂白剤を入れた容器でつけ置きとか


それでだめなら


今度は粉末のワイドハイターの粉を直接服に付けて少し濡らして放置とか


液体と同じように高濃度の漂白剤を入れた容器でつけ置きとか


色々とトライなさったそうですが取れなかったとの事。


家庭で取れるシミってのも沢山ありますが、そのシミや素材にあったやり方ってのが色々ございまして・・・


いや、もう何をやっても家庭で出来る範囲内の染み抜きじゃ取れないよ。


ってシミも沢山ありますが、それが自分の落としたいシミに該当するかの判断もわからない訳で・・・


じゃ、どんなクリーニングに出してもシミは取れるだなんて思ってないけど・・


どこに出せば綺麗になるかもわからない。


もう、わからない事だらけですね。


自分で染み抜きをやる場合。


どんな方法であっても、どんなに時間がかかったとしても


綺麗にシミが取れればそれでOKな訳です。


仮にもっといい方法があったとしても・・


結果、染みが取れたのならそれは「成功」です。


しかし、そうじゃない場合の方が多いのではないでしょうか・・・


結局、自分の大事な時間を沢山使ってしまってダメだった。


経験としてはそんな感じ。


問題はそれから。


シミのある服をそのまま着る。


シミがあって着られないから捨てる。


どちらもNGですよね。


是非私にご相談下さい。





 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.