top of page

服にマニキュアが付いたらどうします?爪用だけど服にも除光液は大丈夫?プロの染み抜きのビーフォーアフター




買ったばかりの服に付いたとか・・


ショックですよね。


どう考えても・・


これは難しい染みなんじゃないか?


って思ってしまいますよね?


今まで自分で染み抜きをしたり、洗ったりする事で改善出来たシミの中に「マニュキュア」はありましたか?


ファンデーションが付いた


とか


血液が付いた


とか


いろんなシミが付いた事ってありますよね?


たぶん自分で染み抜き出来たって経験もありますよね?


ただ


その中にマニュキュアはなかったんじゃないですか?


でもね


マニュキュアですから。


そう。


マニュキュアを落とすやつありますから。


除光液です。


マニキュアやネイルポリッシュを除去するために使用される溶剤。


主成分は一般的にはアセトンです。


アセトンは有機溶剤であり、マニキュアやネイルポリッシュのポリマーを溶かし、除去する効果があります。


アセトンフリーの除光液は、アセトンの代わりにエタノールとか他の溶剤を使用しています。


但し・・


使用方法はマニキュアやネイルポリッシュを取り除くためですから爪用です。


服用じゃないんですよ。


でも、除去したいマニュキュアは爪に付いたものではなく服についたものです。


爪はOKでも服はどうよ?


服に使った事なんかないでしょ?


そもそも、そんな使い方を想定してませんよ。


除光液はまあまあ強力な溶剤ですし、使用法には服には使えませんって書いてあるかもしれないですよ。



でも


服に付いてしまったわけですから・・


それを綺麗にしたいんですから・・


マニュキュアですよ。


普通に洗って取れるとは思えないし・・


実際、普通に洗っても取れないです。


メイクのシミや飲食に伴う染みと比較した場合。


取るのが難しいシミです。


染み抜きの定義は何も悪くしないでシミだけを取ることです。


今回の依頼品はマニュキュアの染みを取ろうとして使用した除光液の染みも染み抜きの対象です。


何もせずにお預かりしたのであればマニュキュアの染みだけが対象だったはず。


シミの原因は同じでも服の素材や色柄によって、のシミの落としやすさが異なります。


またシミがついてから染み抜きをするまでの時間によってもシミの落としやすさが異なります。


素早く対処する方が良いですよ。


成功の可能性が高まりますよ。


時間が経過すると、どんどん取り除くのが難しくなります。


それから・・


処理方法です。


何もしないで染み抜きをさせて頂ける方が染み抜きしやすいんです。


部分染み抜きに使用する薬剤や、丸洗いの洗濯方法など・・


適切な処理方法ではなかった場合もシミは落としにくくなる場合があります。


マニュキュアは付いた


除光液をつけた


シミが少し薄くなった。


同時に除光液を付けた部分にシミが出来た。


この段階で自分で染み抜きするのを諦めるパターンが最も多いのではないでしょうか。


もし今度同じような事が起こってしまったら・・


何もしなくていいですよ。


ティッシュで押さえる程度ならいいけど、ついごしごししちゃいますよね?


それはしない方がいいです。


部分染み抜きも丸洗いも何もしないで・・


「すぐに」プロに依頼してください。


プロに助言をもらって自分で何とかするなんてきっと無理だと思います。


染み抜きは専門的な知識と技術が必要な作業であり、最初から専門家に依頼することで最善の結果を得ることができます。


是非、専門家にお任せください。

Comments


bottom of page