東洋 スカジャン ビンテージ 現状維持で出来るクリーニング




株価が爆上げしてる企業は沢山あって日経平均が高止まりしてる中で・・


我がクリーニング店で株式上場してる企業の株価は年初来安値付近をうろうろ。


クリーニング店に依頼したい人が減ってる


クリーニング店に依頼する服を着る機会が激減してる。


ずっと右肩下がりのクリーニング需要。


コロナになってから・・


外食や会食や旅行。


県境を越えての移動等。


数多くの制限により家に居る時間が長くなった結果。


クリーニング店からは悲鳴があがっています。


未だかつて経験したことのない入荷の少なさ。


去年が最悪だと思っていたら、今年は更に悪化。


来年はもっと?


とにかく、急激に仕事が減っています。


減ってると言えば・・


1年前のバイク屋さんは、どのお店も所狭しと様々なバイクが並んでいました。


今はもうスカスカです。


バイク人気で買いたい人が大勢いるのに・・


売るバイクが入荷しないんです。


需要はあるのに、供給が間に合わない。


これがクリーニング業界とは大きく異なる点です。


つまり・・・


入荷さえすれば売れる。


ただ・・


モーターサイクルの入荷遅れ問題はかなり深刻です。


様々な要因があるわけですが・・


作りたくても作れない。


売りたくても売れない。


買いたくても買えない。


製造の目途がつかないとなれば、納期の目途も未定のままです。


去年の夏は2020年モデルの新車が選び放題だったのに・・


今となっては・・


現行カタログモデルですら人気車種は中古が新車より高い状態です。


今も全く同じものを新品で買う事が可能なら・・


中古に新品以上の価格を出す人はそんなにいませんよね。


プレ値


って


バイクに限らず・・・


誰が買うん?


っていつも思います。


クリーニング代はどうでしょう?


何度も何度も着てはクリーニングを繰り返せば・・


いつか、購入金額をメンテナンス費用が上回るかもしれません。


でも、特殊な染み抜きが必要とは言え・・


一回のメンテナンス代で新品価格に近いとなれば・・


新品を買った方がいい!


ってなりますよね。


きれいになるんだけど・・・


費用対効果でNG


って事もよくある話です。


お安く買えるお洋服沢山ありますから。


そもそも、極端に安価な服はクリーニングに出さないですよね。


まあまあ高かった。


もしくは


安く買ったけど、元は高いとか、ブランド品とか、レアものとか、古いものとか。


出来れば・・


僕もお客様以上に綺麗にしたい気持ちは強いです。


でも、どんなに高料金を頂いたとしても・・・


綺麗にするのに効果的な作業そのものが出来ないって事も・・・


理由は現状を保つ事が出来ないから。


悔しいですが・・


あまりにもハイリスクだと判断した場合はその旨ご説明させて頂きます。


「こんな風になるのなら・・依頼しなきゃよかった」


ってお互いに最悪ですもの。


汚れていても


傷穴があいていても


大事な宝物ですよね。