top of page

染み抜きより仕上げが大変な事例 同じパンツでも作業内容と作業時間は大違い




染み抜きのBefore&afterは色移りです。


白の綿のパンツで薄い赤のシミがありました。


白無地の綿100%


なんて・・


Tシャツとか肌着みたいなもんでしょ。


余裕で水洗い出来る!


って思いますよね?


洗濯絵表示見てもやっぱそう。


家庭での水洗いOKです。


確かに水洗いは出来ますよ。


但し・・


シワは入ります。


そのシワが気にならないって人は良いと思いますが・・


シワ無くきれいに穿きたい。


って方はもう自分で整形してシワを伸ばすプレスは難しいと思います。


腰回りにだけある裏地も綺麗にしたいって事ならもう絶望的に無理だと思います。


なので・・


そんなお客様はクリーニング店でのメンテナンスをお勧めします。


わかりやすい様に・・


同じお客様から同じ日にお預かりした赤いパンツの仕上がりもご紹介しています。


赤の麻のパンツでシミはありません。


こちらも洗濯絵表示は水洗いOKです。


ただ色が真っ赤なのと麻のシワを思うと・・


家で洗えない


洗えても洗いたくない。


って思う人がいてもおかしくありません。


白のパンツの綿と赤いパンツの麻


どちらも素材の特性上、水洗いすればシワになります。


どちらもシワが気になるのであれば、プレスが必要です。


家で水洗い出来ない服は着ない


ってだけでなく


水洗いした後でプレスしないと着られない服は着ない


って方もいらっしゃいますよね。


洗うって簡単


でも


プレスって難しい


ですよね。


ほんと、そうです。


洗うって簡単ですよ。


ただし


きれいに洗う。


シミも取る。


ってなれば大変ですし・・


プレスもどのレベルまでやるかでかなりの差があります。


今日の事例の様に洋服のアイテム名は同じでも・・


適切なメンテナンス内容は異なります。


洋服の値段が違って当たり前の様に・・


プロのメンテナンスの料金も違って当たり前でして・・


何をするか


それはどの程度時間がかかるか


で料金は変動します。


変動する料金じゃないと、お客様がにんまり出来るメンテナンスが出来るはずがないんですよ。


是非、ご理解頂ければ幸いです。


染み抜きだけでなく、仕上がりも「ほんとうにきれい」を実感して頂ける様にメンテナンスをさせて頂きますのでお気軽にお寄せください。


Comments


bottom of page