水洗いしたら縮んでしまい裏地が表に見える様になってしまったウールのコート ジル・スチュアート



家で洗えないなら洗わない。


なんて人も実際にいます。


そりゃ洗わないんだから汚れがどんどん蓄積されてきます。


もう着られないぐらいに汚れてしまってから


もう一度悩むでしょう。


家で洗ってみるか


クリーニングに出すか


捨てるか


捨てるのはもったいないけど・・・


これだけ汚れがひどくなった状態で家で自分で洗って綺麗に出来るのか?


また


クリーニングに出したとしてもどの程度綺麗にしてくれるのか。


料金だって気になるところでしょう。


家で洗えない服ってほんと嫌だ。


そんな風に思ってる人が大勢いらっしゃると思います。


出来ればクリーニングには出したくないですからね。


出すときの感情は「仕方なく」かもしれませんね。


私が最ももったいないな


と思うのは


洗わずに着続けてどんどんコンディションが悪くなることです。


だから洗ってほしいです。


ただ


家で洗えないけどクリーニングに出すのが嫌だから


ってことで家で洗ってしまう場合は慎重にやってください。


今日の事例はマシになっていますが元通りには出来ません。


風合いもサイズも水洗いしてしまったらもう取りかえしのつかない服が確実にあります。


いいえ。


水洗いではなく「ホームクリーニング」です。


なんて反論されたり、「ドライクリーニング」(ドライコース)です。


なんてことで「水洗い」ではない認識の方が今もいらっしゃると思いますが・・


おしゃれ着洗いの洗剤を使っても


裏返しでネットを使っても


洗濯機のコースをちゃんと選んでも


手洗いしても


それらは全部「水洗い」です。


洗濯絵表示に記載してあるドライクリーニングではありません。


家庭ではドライクリーニングが出来ないのです。


それをあたかもホームクリーニングって言葉を変える事で今まではクリーニングに出していた服も家で洗える的なCMがばんばん流れています。


それに水洗いNGの服を洗って成功したこともあったりして・・・


これも洗えるんじゃないの?


って思ってしまう。


成功した服ってもしかしたらおしゃれ着洗いの洗剤を使わなくても成功してたかもしれません。


素材の特性で水洗いをしてしまうとフェルト化してしまう様な服はどんな洗剤を使っても望ましくない変化が生じてしまうと思うのです。


でも・・


やってみたい気持ちは止める事が出来ません。


やってしまって


縮んでしまって


少しでもマシになれば・・・


ってご相談がとても多いです。






 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.