水洗いで縮んでしまい裏地がだぶついてしまったウールのコート




お気に入りに服は沢山着ますよね。


沢山着ればやはり洗おうって思いますよね。


大事な服だから


クリーニング?


いやいや


クリーニングなんて出さなくても自分で出来るでしょ!!


って感じで


ウールのコートを水洗い。


そんな経験ありませんか?


大事な服だからこそ


クリーニングに出して悪くされたらどうしよう?


ダメにされたなんて話聞くし・・


とか


安心して依頼出来るクリーニング店がない場合。


クリーニングに出すのが不安ですよね。


もちろん、お金もかかるし・・


依頼しに行くとか取りに行くってのも面倒だし・・


家で洗えるといいな。


洗えるんじゃない?


って思いますよね。


洗えるものはタグの洗濯絵表示に書いてあります。


ドライってマークもあるけど・・


水洗いってマークにもバツが付いていないければ・・


それは水洗いOKです。


でも水洗いにバツが付いていてドライにバツが付いていないのであれば・・


それは水洗いNGです。


縮んでしまうと着られなくなってしまいますよ。


まずは洗濯絵表示をチェックです。


いろんなマークがありますが、チェックするのは一つだけ。


水洗いが出来るかどうかだけ。


絵表示の意味がわからん。


って方は検索すればすぐにわかりますよ。


やりたいけど大丈夫かどうか・・


是非、洗濯絵表示を判断基準としてください。


でも


やってしまった!


って方は修正に効果的な作業が出来るかどうか検討させて頂きますので・・


お気軽にご相談下さい。