検索

汗抜きを頼んだら縫い目が縮んで着られない




今日はとても珍しい事例をご紹介します。


縮みの修正事例のほとんどがウール素材なのですが・・・


今日の事例は綿素材です。


確かに綿も水洗いすることで少し縮みます。


でもウールの様な質感(風合い)の変化はないですし、縮む量も僅かではないかと思われます。


リジッド(生)のジーンズは最初に洗うとものすごく縮むのですが、このトレンチコートも洗って大幅に縮んでしまった?


いや


違いますね。


どうやら縫い目だけうねうねして縮んで型崩れしてしまったようです。


汗は水溶性の汚れですから・・・


ドライクリーニングしか出来ない服の場合。


汗を取るのは得意ではありません。


それを補うには


ウェット(水洗い)をするのが一番です。


でも注意してほしいのは


汗抜き=水洗いではないってことです。


ドライクリーニングをする際に水溶性の汗染みに効果的な助剤を使って前処理をする


とか


ドライで全体処理をする際に水溶性の汚れを落としやすくするような助剤を投入して洗う


とか


つまり


水洗いをしなくても汗抜きとして加工してる可能性があります。


汗抜きは水洗いで全体処理するんですか?


と聞いてみるか・・・


もしくは代金で判断してください。


プラス50円とか100円なんて料金であれば水洗いNGのアイテムは水洗いはしないでしょう。


そんな汗抜きもあるって事です。


もちろん、水洗いするよりは汗は取れませんが、リスクも少なくて代金もお安いです。


他店さんの加工サービスを悪くいうつもりは毛頭ないですし、その付加加工を選ぶのはお客様の自由です。


ただ


個人的にはドライクリーニングしかしない服はどんな前処理をしてもどんな助剤を追加しても汗抜きとは思えないです。


例えば脇だけ部分的に水を使って汗抜きをするとか


水洗いで全体処理をするのが効果的です。


しかし


その作業をすることで一時的に望ましくない変化が生じてしまいます。


皺や縮や型崩れです。


それを元通りに戻すにはドライの何倍もの時間がかかってしまいます。


でもそれをしないと・・


今日の事例の様にクリーニングしたのに着られないってことになってしまいます。


それじゃ


元も子もありません。


なんの為のクリーニングでしょう?


快適に着ることが出来ないクリーニングは意味がありませんよね?


想像以上に難儀な作業でしたが何とかよくなりました。


詳細は是非動画をみてください。


 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.