洗える表記のセーターなのに 縮んでしまったのはなぜ? 縮みの修正




お洗濯絵表示的には水洗いOKです。


でも


縮んでしまいました。


しわもすごいです。


このセーターはどうすれば縮むことなく家で洗う事が出来たのでしょう?


どんな風に洗ったかを詳しくお伺いはしていません。


これはどう洗えば?


と聞かれたらものを見てお教えしますが・・


もうこちらのお客様は自分で洗う事はないと思います。


つまりクリーニングに出す。


素材的にはその方が良いと思います。


手洗いなら出来ますよ。


って水洗いは


基本、洗濯機の機械力がNGです。


どんな洗濯機を使おうが、洗濯機のどんなコースを選ぼうが手洗いの方が断然デリケートな洗いです。


またケアラベルの洗濯絵表示にはその他いろいろなマークがあります。


乾燥機の使用はNGとなっています。


じゃ洗ったところまではOKで乾燥機をかけたから縮んだのか?


う~~ん


これは微妙です。


乾燥機NGで干し方は吊り干しではなく平干しになっています。


湿った状態で干すと縮むんじゃなくて伸びてしまう。


だから平らに干してください。


って意味でしょう。


平らに干すって吊り干しより場所を取ります。


洗濯は手間仕事ですが・・


手間をかけたくないが故に洗濯機も洗剤も衣類の素材も進化(変化)しています。


乾燥機をかけた方が楽だし、ふんわり仕上がるし、しわも取れるし・・


でもNG


縮むから?


いや、水洗いで縮んでしまった状態で高温で乾燥させたら確かにより縮むとは思いますが・・


この事例はちょっと違う気がします。


ウール素材の特性からして・・


やはり水洗いは相応しくないのではないかと・・


誰が洗っても縮んでしまうのではないかと・・


トレンドのオーバーサイズではなく


ハイゲージなニットでシャツの上からジャストで着るような服なので・・


家庭で水洗いはハードル高い気がします。


どうしても水洗いしたいって場合はプロのウェットクリーニングがよろしいかと・・・


いやいや


家で洗えるって書いてあるから買ったんだし、なんとしても家で洗いたい。


って場合は、洗濯機を使わないで手洗いしてください。


脱水は短めがいいです。


乾燥機は使わないで日陰で平干しし、乾燥後はスチーマーでしわを伸ばしてください。