洗濯機で洗えるほぼ化繊のスラックスの全体的な汚れ





ご高齢の男性。


所謂おじいちゃんの着てる服。


どんな服かを意識するのではなく、シミや汚れを意識して見ると・・・


シミや汚れがないものを着てる人が少ないと感じるかもしれません。


子供とお年寄りはシミや汚れをつけやすいと認識されています。


子供はママが気にかけてこまめに洗って綺麗にしてくれます。


ではおじいちゃんの服はどうでしょう?


妻であるあばあちゃんが気にかけてこまめに洗って綺麗にしてくれるのであれば・・・


朝着替える際にはシミや汚れのない服を着ると思うのですが・・


今日もこれでいいや!


って毎日の様に同じ服を着てしまう。


実はこれ


高齢になってからではないのです。


若いうちからそうなのです。


もはや習慣です。


ただ


若いうちはそんなにシミをつけたり汚したりしなかった。


それに見た目だって若いんですから・・・


少し汚れてる服を着ていても多少シミがあっても、そんなに嫌悪感を与えずにすみます。


しかし


高齢に伴い、見た目もどんどん変化します。


望ましくない変化ではありますが、だれしもそうなります。


そうなったときこそ・・


汚れやシミのない服を着るべきだと強く思うのです。


上等な素材やブランド品なんて着る必要はまったくありません。


ただ常に綺麗で清潔な服を着てほしい。


しかし習慣となった洗うタイミングは急には変えられないかもしれませんね。


若い時から


汚れを目で確認できたら洗うのではなく


ある程度着たら見て汚れを確認出来なくも洗う事をお勧めします。


目で見てOK


クンクンして臭いを感じたら


除菌消臭スプレーでごまかす。


そんな感じで洗わずに着る事が習慣化されてしまうと・・・


服はそんなに洗わないのが当たり前になってしまいます。


それは十年二十年先も同じになります。


洗わずに着続けていればそれは汚れるます。


自分がシニアになったとき。


全体的に汚れている服を着てると他人に汚いとか臭いとか思われてしまう・・・


それは嫌でしょう。


洗い過ぎで服が傷むのではなく


洗わない事で汚れが生地に蓄積されて傷むのです。


是非こまめに洗ってください。


洗っても取れない汚れがあったり


だいぶ長く着ちゃって汚れがひどいと感じた際にはいつでも綺麗にしますのでお気軽にご相談ください。


もちろん、シミや汚れがないので普通のクリーニングでも承ります。


お待ちしています。


 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.