海外製のトートバッグのプリントの色がついてしまったバーバリーのトレンチコート 染み抜き事例




フォルクスワーゲン T-Cross


新車でご来店のお客様は前々からワーゲンの小さいSUVに興味をお持ちでした。


知り合ってからの愛車遍歴を知っていますが一貫してコンパクトSUVを乗っています。


輸入車ははじめてとの事で色々と「違い」を実感してると思います。


あるあるなのが、ステアリングの左右にあるウインカーとワイパーの位置が逆であること。


合図を出すつもりでワイパーを動かしてしまう訳です。


ボンネットオープナーも助手席側であったり、エンジンスタートボタンも助手席側だったり・・


不満な事ではありますが・・


新車に乗り換えたばかりの高揚感が勝っているのがわかりました。


いいですね。


車種やグレードによってかなりの差がありますが・・


今や国産車の値段は輸入車よりも高いと感じる程・・・


輸入車を買うハードルってどんどん下がってるのではないでしょうか。


お洋服なんかは海外ブランドを買うのに抵抗はありませんよね。


むしろ、そっちが良いと思ってる人も多いでしょう。


今日の事例のコートもバーバリーですから、外国のブランドです。


国産じゃない事による悪い点なんかないんじゃないかな・・・


同じように外国のブランドの布製のトートバックをコートと一緒に使っていたら・・・


まさかの色移り。


バッグはエコバッグの様な薄さで、大きく顔料プリントがしてあります。


もちろん、手で撫でたぐらいでは大丈夫ですが・・・


あろうことか。


バーバリーのトレンチコートに広範囲に色移りしてしまいました。


これは最悪ですね。


きっと、


「さいあく」


って言葉に出たんじゃないでしょうか。


薄い色の段差であっても、気付いてしまったらもう気になって気になって仕方ありません。


何とか綺麗にしたい


とご依頼下さいました。


ご利用ありがとうございます。



 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.