top of page

自分でつけた染みじゃなくて他人につけられた染み 洋服で弁償より染み抜きで解決したい 




誤ってお客様の服を汚してしまった場合、次のような選択肢が考えられます。


同じ服がもう売っていない場合:

a. 購入金額での弁償:もし同じ服が入手不可能である場合、その服の購入金額に相当する金額をお客様に支払う方法です。


ただし、服の使用年数や状態などを考慮して、適切な弁償金額を決める必要があります。


b. クリーニング代を負担:もし他の方法での弁償が難しい場合、お客様の意向を確認した上で、クリーニング代を負担することを提案することも考えられます。


ただし、お客様が納得するかどうかを確認し、クリーニング代の金額が妥当かどうかを話し合う必要があります。


弁償するよりクリーニング代の方が確実に安い場合、お客様にとってもクリーニング代を負担していただくことが合理的であり、おそらく双方にとって最も現実的な解決策となるでしょう。


ただ染み抜き作業には確かにリスクが伴いますし、成功が保証されているわけではありません。


シミの取れるかどうかは、染みの種類や服地によっても異なる場合があります。


クリーニング業界では、リスクの高い染み抜き作業を受ける際には、お客様に対してリスクを理解していただくことが重要です。


シミの種類や服の素材によって、染み抜きが成功するかどうかはわからないことを率直に伝えます。


シミ抜きのリスクを考慮した上で、染み抜きにトライするか、別の解決策(例:代替の服の提供)を選択するかをお客様に決めていただくよう提案します。


染み抜きに成功した場合は何も問題はありませんが・・


成功するかどうかはやってみないと解らない。


作業に伴うリスクを冷静に理解した上で意思決定を行って頂かなけれななりません。


本来であれば服の持ち主に直接伝える内容を、別の人に伝えて、さらにその人から持ち主に伝えてもらわなけれんばならない。


これはかなり面倒です。


でも


本当にお困りなので


何とか役に立ちたいです。


誰だってミスはしますから。


お気軽にご相談下さい。

bottom of page