top of page

良い生地のスーツのスラックス 裾のダメージと泥汚れ 染み抜きとクリーニング





私の年代(1968年生まれ)でスーツの素材と言えば・・


ウール(毛)の一択です。


化繊が混紡されてるってだけで、なんか嫌な人も多いと思うのです。


ウールであることは当たり前。


そのウールの質にまでこだわって生地選びをしてしまうのではないでしょうか。


有名な生地メーカーの番手の高いウール。


普段、スーツを着ない人程、特別な時に着るであろうスーツの素材は高級な傾向にあるかもしれません。


ソックス

ベルト

ネクタイ

シャツ

ポケットチーフ

時計


全部、スーツには必要です。


着るスーツに相応しいもので全て揃えたい。


ってなると・・


金額もグーンと跳ね上がりますね。


特に時計は男性が唯一身に着けて嫌な感じがしないアクセサリー的要素も含まれています。


それから・・


靴かな。


安く揃えようと思えばいくらでも安く揃える事も可能です。


仕事着としてビジネススーツを着てる若い方はそっちの傾向にあって・・・


イージーケアで皺になりにくく、センタープレスも消えにくく・・


家で水洗い出来るもの。


って事になると確実に生地は化繊混ですが、それで全然OKな訳です。


仕事以外で着るアウトドアブランドのゴアテックスの服の方がスーツの何倍もの値段がするのに欲しくて買ってしまうかもしれませんね。


洋服を選ぶのは自分ですから。


言われなくても好きなものを選んで着てるはずです。


家で洗えるか洗えないか


より


着たいか着たくないか


でしょう。


こんないい生地のスーツのスラックスの裾を地面についちゃうぐらいの長さで着てしまうのはもったいないと思ってしまうのですが・・


それも着たときのシルエットや履くウエスト位置の好みなので、自分がわかっていればOKです。


傷は仕方ない


でも


泥汚れは綺麗にしたい。


お任せ下さい。


高級な生地程デリケートでメンテナンス性が悪い事を認識して染み抜きをさせて頂きます。


ご相談はお気軽にどうぞ。


コメント


bottom of page