top of page

衣替えした制服のスーツのクリーニング しまい洗い ドライ&ウェット ダブルクリーニングと染み抜き




価格の高さや安さを判断する基準は個人によって異なります。


収入や経済状況は、個人が何を高いと感じるか、また何を手に入れることができるかに影響を与えます。


収入が高い人にとっては、高額なものでも手の届く範囲にあるかもしれませんが、収入が低い人にとっては同じものが高価に感じられることがあります。


一部の人にとっては、品質や耐久性が高い製品は価値があり、それに見合った価格を支払うことができると考えます。


一方で、一時的な使用や短期間での利用を目的とする場合、安価な代替品で十分な場合もあります。


ブランドやデザイナーの知名度やイメージによって、価格の高さや安さを判断することもあります。


一部の人にとっては、高級ブランドや限定商品は高価でも魅力的に感じるかもしれません。


一方で、ブランドにこだわらず、機能や実用性に重きを置く人は、より安価な選択肢を好むかもしれません。


個々の消費者にとっての優先順位や価値観も価格判断に影響します。


例えば、ファッションにおいては、デザインやトレンド性が重要な人は、一時的なアイテムに高い価格を支払うこともあります。


一方で、機能性や快適さが優先される場合、低価格で十分なアイテムを選ぶこともあります。


これらは全て一部の例ですが、価格の判断基準は多岐にわたります。


個人の経済状況や価値観、優先順位に基づいて価格を判断するしかありません。


どんな使い方だろうとその人が納得しているんであれば、その使い道は間違っていません。


ただそれが理解しにくい人がいたり、その数が多いか少ないかだけです。


輸入車は高い


そんなイメージも次第に薄れてきました。


国産車だって同じぐらい高いからです。


だけど


国産にその値段出すなら


○○買える(買った方がいい)


この○○に入るのが


アウディやメルセデスやビーエムな訳です。


それも個人の自由です。


その値段ならBMWの○○だって買えるだろうに、国産を選ぶ。


それも個人の自由です。


人にどう思われるか


少なからず意識して生きています。


それは気にならない


意識なんかしない


けど


こっちは気になる


意識しまくる


車の例で書いたのは今日の服は自動車ディーラーさんの制服だからです。


服だって同じ名前の服なのに、価格差凄いです。


でも服好きは買います。


それから


私はクリーニング屋なのでいろんな状態の服が入荷するのですが・・


その汚れ具合の差も凄いです。


ごくわずかな色の段差U(染み)も気になる


って方も居て良いし


よくこれで着る事が出来てましたね


って方が居てもいいです。



何を意識して


何にお金と時間を使おうと自由です。


自分で稼いだお金。


ジブンの判断で使い道を選ぶのは誰だって同じ。


自分と同じ仕事をしてる人って世の中に沢山います。


敵だなんて思った事ないけど、お客様の奪い合いである事は否定しません。


どの部分が優れているか


どの部分が劣ってるか


それをお客様はどう判断するか


当店の特徴として・・


新規でご来店のお客様


わざわざ遠方からお越しのお客様


宅急便で送ってくれるお客様


全て


一般クリーニング以外に改善してほしい事があるお客様です。


染み抜きもそうだし、はっ水もそうです。


そんなお店なんですよ。


YouTubeの事例を見て頂いた事で当店を知ってもらえた。


そして実際に依頼もしてくれた。


なんだ・・


動画と違うじゃないか。


なんて思われるのは物すごく嫌です。


うわ


動画以上に凄いぞ。


そう思って頂きたい。


こんな綺麗になるんか。


ってびっくりしてほしい。


PCやスマホで見るだけじゃわからない部分、


手触りや臭いや気心地まで


なんかいままで依頼してたクリーニングと違う。


いい!


って思って頂きたい。


ご相談、ご依頼お待ちしています。




Comments


bottom of page